2004年04月30日

「今何やってた?」

 通勤途中歩いていると、すれ違う若者が携帯電話で、
「おう、俺。今何やってた?」
って話してた。

 余計なお世話だよね。

 「何やってようが俺の勝手だ!」
って、俺だったら返してたね。

 だから俺は、携帯を持ちません。
一人になるプライベートな時間を大切にしたいからね。

 時代に流されちゃだめだよ。
何が自分らしいのかを見極めないと。

2004年04月28日

俺は自由

 会社は組織であって、様々な人と金が絡んでいるんだから
個人の都合は捨てなければならない。

 誰が決めた?そんなこと。

 個人あっての組織だろ?

 まあいいよ別に、俺はこの考え方を他人に強要するつもりはない。

 俺は俺だ。誰にも俺は縛れない。
posted by 俺 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様の独り言

2004年04月27日

同意を求めます、マンションとかで…

 俺だけじゃないですよね?

 自分の少し前を歩いている人が、自分と同じマンションに
入っていくと、一緒のタイミングではいるのは
なんとなく気まずいので、マンションの周りをぐるっと
一周してから入る。

 今やってきました。(笑)
posted by 俺 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | シリーズもの

2004年04月26日

F1観てて思った

 そういや、高木虎之介ってどうした?
まさしく、一発屋だったな。
posted by 俺 at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ネタ

2004年04月25日

最近のお笑い・漫才は面白いね

 まあ既にゲッツは時の人ですが(予想通り)、
最近よく『爆笑オンエアバトル』等の、漫才番組を見るのですが、
個性的で面白い芸人が多いですね。

 結構皆さん工夫していますね。
だらだらと続けるのではなく、構成をよく考えている。

 この中から、何人かが数年後、ダウンタウンやウンナンのように
ビッグになっていくのでしょうけど、今持っている、
芸人魂は忘れないようにして欲しいですね。

 とんねるずや、ロンドンブーツのように、ろくに芸もせず、
ふんぞり返っているような天狗芸人にはならないで欲しい。

 ナインティナインの岡村のように、どんなに売れても、
体で芸をするように、爆笑問題の大田のように、
独自のギャグ路線をいつまでも貫くように、
彼らにも、自分たちのオリジナルティを持ち続けて欲しい。

 それにしても、この業界は競争率激しそうですね。
その結果、今は洗練された芸人が活躍していますが、
音楽業界とは正反対ですね。

 音楽業界は、まがいものアーティストでも宣伝さえうまくいけば、
歌が下手でも、売れるような状態ですが…。

 まあ音楽業界は、こういった状況が長いこと続いている事が、
最近の売上不振に繋がっているんですけどね。

 音楽業界は、お笑い界を手本としなさい。
posted by 俺 at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様の独り言

2004・週刊少年ジャンプNo.21

 ジャンプは、15年くらい読んでるけど、昔と比べて、
本当に休載が多くなってきたよね。

 『週刊』じゃないじゃん。(笑)

 まあ流れ作業じゃないから、ネタが思い浮かばなかったり、
気分が乗らなかったりすることもあるかもしれないが、
多分それは、いい訳だと思う。

 子供に夢を与える職業なのだから、もう少し社会性とか、
常識を作家が意識しなくてはならないんじゃないかなと思う。

 よく原稿を落とす作家が、
「学校には行こう!」
なんて謳ったって、何の説得力も無いんだから。

 ということで今週は休載が多くて、特にコメントをする作品もないので、
あえて読みきり、番外編に焦点を当てていきたいと思います。


今週のピックアップ

続きを読む
posted by 俺 at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2004年04月23日

短期間にデザインを極める必要に直面

 今、仕事でWebサイトを創ってるんだけど、
本来は、プログラミングのほうが優先で、
あまりページデザインは、人の誇れるほど技術は高くない。

 だが、今回は俺一人で全てをやらなければならないので、
泣き言を言うことはできない。

 しかも、サイトをUPするのは、あと1ヵ月後のことだ。

 …勉強するしかない!

 最近は、グラフィックツールさえある程度使いこなせれば、
小奇麗なWebサイトを構築する事ができるので、
まずはツールを使う事をマスターするのが先決だ。

 明日、本屋で指南書を買いあさってこよう。1万円分くらい。

 デザインをある程度こなせるようになれば、
全て俺一人で、Webサイトを構築できることになるな。

 サーバー構築の知識もあるし、プログラミングも一人SE・PG状態だし、
Flashも使えるしと…今まで人に頼らないでやってきたから、
全てが一人でできるようになった。

 これだけやってて、個人サイトを持っていないというのも
不思議に思うかもしれないが、だって仕事で腐るほど創ってるし。

 まあそのうち、エンターテイメント中心のサイトでも立ち上げます。
posted by 俺 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様の独り言

2004年04月22日

うぜぇよお前。

 以前書いた上司ではないんだけど、うざい上司が今日キレた。

 仕事上のミスとかじゃないんだけど、完全に自分の感情にまかせた
自己中なキレかた。

 結局、自分が無能でやることないもんで、
俺がやってる仕事にちょっかい出してきて、
俺は忙しくて、適当な返事をしたらキレやがった。

 しかもこいつ、自分の上司には必要以上に媚び諂いやがる。
見ていて、最もなりたくないタイプの上司。

 ただ勤務年数が長いだけで、上司になっているタイプのくせしやがって。
さっさと抜いて、俺がこき使ってやる。
posted by 俺 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様の独り言

2004年04月21日

ある時、じじいになるのが怖くなくなった

 最近まで、老いに対する恐怖感があった。
だって、この間まで子供だと思っていたのが、気がつけばもう25歳だし。

 あっという間にじじいになるんだろうなと考えると、
なんともいたたまれない気持ちになっていた。

 じじいになると、動きは鈍くなるだろうし、
頭もボケてくるだろうし…。

 だが、最近になってそんなのは勝手に決め付けているだけの、
偏見に過ぎないんではないかと考え始めた。

 だって、じじいになっても、健康管理に十分気をつければ、
それなりに体は動くだろうし、頭も、
常に何かを考えるように意識していれば、ボケることもないと思う。

 実際、テレビで元気ハツラツなじじい、ばばあの特集が
よくやってるし。

 こういうのを見ていると、闘志が沸いてきた。
『俺もパーフェクトじじいになってやる』と。

 考えてみれば、おっさん、じじい期間のほうが、
若い頃よりもはるかに長い。

 この期間を、マイナスのイメージで今から考えていては、
きっと、幸せな余生を送ることはできないだろう。

 楽しいじじいライフを送るために、今のうちに苦労しておこう。
posted by 俺 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論

2004年04月20日

『景気が悪い』とは戯言

 景気が悪くたって、餓死者が出るわけじゃないでしょ?
アフリカの貧しい国が日本を見たら、鼻で笑うだろうね。

 平和な国だねー日本って。

 だから、このぬるま湯につかった国でのほほんと過ごしていると、
本当の意味で強くなれないんだよね。

 だから俺は、何が嫌なことがあると、常に最悪の環境で
暮らしている人を想像して、彼らに負けるわけには行かないと、
自分を奮い立たせている。

 ただ生きて、たた死ぬのは、空しい生き方だしね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。