2004年09月30日

2004・週刊少年ジャンプNo.44

 以前新連載は、第一週だけで評価をするのは無理があるということで、
少なくても5週分読んで評価をすることに決めました。

 やっぱり、5週分くらい必要ですね。
本当はコミック一冊分くらいで評価したいですが、
その頃には終わってしまう連載もあるので出来ません。(笑)

 ここからは俺の勝手な予想ですが、第一話の感想はがきが編集部に届くと、
作者と編集者が、いろいろ今後の方針について話し合うのだと思います。

 ここで、作者の方向性と読者の求めるものが一致していないと、
このまま突っ走るか、読者の意見を取り入れるか協議するのだと思います。

 で、
「これは俺の漫画だ!俺の描きたいように描く」
っていう作者は、3ヵ月後くらいには本誌から消えるというパターン。

 とはいえ、読者の意見を取り入れたからといっても、
半数以上の作品は、うまく波に乗れず、これもまた数ヵ月後には消えている。

 一話目の読者の受けがよくなくても、読者の意見を取り入れ、
うまく軌道修正できた作品は、5話目くらいから面白くなってくる
というパターンが、確かに過去にもいくつかの作品で見られた。

 そもそも連載なんて、長く続く物語の断片を、
一週間単位で描いているわけだから、その週だけで評価しろっていうのが、
無理というか、無謀なのかもしれない。

 まあ、そういった無謀なことに果敢に挑戦して、
なるべく正確に評価しようと努力するのは、
俺の勝手なので、これからも勝手にやっていこう。

 とりあえず新連載は、これからも5週続けて数値評価し、
5週目で総合評価という形にしていきます。
新連載が立て続けに始まる時はちょっと大変ではありますが…。


今週のピックアップ

続きを読む
posted by 俺 at 21:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2004年09月29日

尊敬≠リスペクト

 最近、安易にリスペクトという言葉を使う輩が増えてきた。
はっきり言って、リスペクトなんて言っている奴は、
本当の意味でその人を尊敬などしていない。

 堂々と、
「貴方を尊敬しています。」
って言えないから、安易に横文字に頼って、カモフラージュしてるだけだろ?
そして、最近流行り出した横文字を使いこなしている自分に酔っているだけ。

 尊敬ってそんな安直なものじゃないよ。

 結局心のどこかで、『俺もそいつと同じくらいすごい』、
『俺も尊敬されるべき人間だ』なんてやましい心があるから、
尊敬ではなくて、リスペクトなんていうあやふやな言葉を使いたがる。

 そんな奴らに引き合いに出される、
『尊敬されるべき人』も、さぞ迷惑であろう。

2004年09月28日

大学という名のレジャーランド

 1年くらい前だったかな?スーフリが事件になったのは。
まあ世間では、酷い事件だなとか、被害者にも責任があるとか
色々な意見が飛び交っていました。

 でもね、こういった事件はその事件単体で物事を判断しても、
決して解決にはならないし、似たような事件が今後も発生するんだよね。

 だからまず、大学というそれらの下地となる要素から、
論理を展開していかなければならない。

 聞きたいんだけど、大学って勉強するところ?遊ぶところ?
まあ全国の大学生の大半が、『遊ぶところ』と答えるでしょう。
実際、真剣に勉強している奴なんて、本当に一握りだから。
(大学のレベル関係なしに)

 で、その辺りを大学生に問いただすと、一様にこういった言い訳が返ってくる。
『交友関係とか友達とか恋人を作るのも大切』
『バイトなど、社会経験をするのも大切』
『勉強だけが全てではない』

 全く答えになってないんだけど、
勉強をおろそかにしてまで、それらを優先していい道理を、
ボンクラ大学生はほとんど説明できないんだけどね。
まあ後から付けた屁理屈だから当然だけど。

 でもまあ、確かに遊びもバイトも生きていく上でプラスになるよ。
これらも大切なことは否定しない。
大学生になれば、ほとんどもう成人だ。
自分で何が大切なのか考えられる年齢に達している。

 で、問題なのが、『みんな一様に同じ考え方』っていうのが恐いんだよね。
集団でマインドコントロールにでもあったかのように、
『大学は適度に単位とって、4年間遊ぶところ』
っていう考えが当たり前になっているところが恐い。

 男も女も、『彼女が〜』『彼氏が〜』『彼女が欲しい』『彼女が欲しい』なんて、
盛りのついた犬のように年中発情し、
出てくる話題と言えば、くだらん恋愛話や道楽話ばっかり。

 俺もしょぼい大学いってたけど、こんな奴ばっかり。
自分の将来の夢とか、自分の専攻科目について熱く語る奴なんて、
ほとんどいなかったもんな。

 太宰治の小説に出てくるような、日本の将来や政治に対して、
仲間同士で熱く論議する機会なんてただの一度もなかったもんな。

 こういう性質を持っている学生が変人、異常みたいな土壌が、
すでに現代日本で出来上がってるんだよね。
『大学は遊ぶところ』という考え方が絶対真理みたいになっている。

 ここが問題なんだよ。

 人間なんだから、大学一つをとっても、それぞれ目的が違ってくるはずだし、
考え方も十人十色なはずなのに…。
日本人は無個性だと、外国人から批判されがちだが、
おそらく日本人は、大学に入る辺りから無個性化が始まってるんだろうな。

 で、冒頭のスーフリ事件に戻るけど、性欲丸出しの豚どもは、
サークルに入るのが手っ取り早いと考え、当たり前のようにサークルに入り、
学業という本業には見向きもせず、つがいを作ることにそれぞれ勤しむ。

 スーフリに限らず、全国の大学に存在するサークルは、
なんたら研究部とか、表向きの看板は掲げるが、それを隠れ蓑にした、
出会い系サークルと何ら変わりないもんな。

 もっと大学生に、価値観の多様化が進行していれば、
スーフリのように巨大化するサークルも生まれなかったと思うし、
その他の、大学生の学力低下などの諸問題も、大方解決されていたと思う。

 俺が言いたいのは、新しい出会いを求めて大学生になるのも一つの考え方だとは思う。
けど、もっとその他の目的、勉強がしたい、(これが普通)
スポーツに取り組みたい、ボランティア、ベンチャービジネス、その他色々、
大学でやれることはいっぱいあるのに、
今の大学生は、一つの価値観に凝り固まり過ぎってこと。

 こういった異常な状態が、大学における様々な諸問題の原因となっていると推測する。

 大学が、無個性で、偏った価値観しか持たないロボットの、
大量排出場と化しているのは、何か悲しくなってくるね。

 大学は、その人の価値観によって、レジャーランドにもなれば
知識と経験の宝物庫にもなりえる。
これから大学生になろうとしている若者には、
無意識に大学をレジャーランドなんだと認識しないで欲しい。

 周りに流されるな。周りに合わせようとするな。
偽を常識とするな。自分で物事を判断しろ。
勇気をもって我を持て。
posted by 俺 at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊かな社会

2004年09月27日

サザエ強えぇ

 昨日久しぶりにサザエさんを観て、番組最後のじゃんけんで見事に負けた。
サザエさんなんて滅多に観ないけど、
そういや最近サザエにじゃんけんで勝った事ねぇな。

 サザエ強えぇ。

 っていうか、サザエどころか、現実世界でも最近じゃんけんに勝ってねぇな。
いつもじゃんけんに負けて、周りにジュースや昼飯をおごったりしてる…。

 あぁ、じゃんけんに勝ちてぇ。
posted by 俺 at 17:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 俺様のぼやき

2004年09月26日

日本は国際問題にも責任を持とう

 先日、小泉さんがニューヨークで行われた国連総会で、
日本の国連安保理常任理事国入りに向けて演説をしたが、
何でもっと早くから動かなかったのかと悔やまれてならない。

 10年位前から、日本の常任理事国入りを求める声が、各国から上がっていたのに、
日本は我関せずみたいに決め込んでいた。
しかし、ここにきて急に日本から進んで、常任理事国入りをアピールし出したのは、
もちろん『イラクの例』が大きく関係している。

 今回のイラク戦争は、アメリカの独断で事が進められ
多くの国が戦争に反対していたように語られているが、
それはあくまで、国連の常任理事国間のみの話なんだよね。

 確かに、フランス、ロシア、中国は反対の立場だった。
常任理事国だけでみれば、3対2で反対派の方が多い。
だがそれ以外の国でみれば、非常任理事国の大半はアメリカよりだったし、
その他の加盟していない国も、かなりの数でアメリカ側だった。

 もしこの時点で、日本が常任理事国だったら…。
少なくてもイラクは、今の現状よりかは悪い方向に向かってなかったと思う。

 こういった偏った現状なのに、そもそも常任理事国だけで、
世界の行く末を決める議決がされること自体おかしいんだよね。

 更に突き詰めて考えると、この5国はいったい何様だって話だ。
この5国って、第2次世界大戦の勝ち組って基準だけで、
決められたものであって、公正な審査で、各国の支持を得て、
世界の代表になったわけじゃないんだよね。

 まあそういういいかげんな団体が、世界の行く末を
偉そうに云々していること自体、滑稽ではあるが、
結局国連も、『弱肉強食』の論理が働いてるってわけだ。

 まあそのこと自体を批判はしないよ。
弱肉強食っていうのは、この自然界で唯一の絶対的真理だからね。

 だったら、日本も積極的に常任理事国入りを進めた方がいい。
自分達が信じたことを貫くには、確固たる力が必要不可欠だ。
正義も悪も、力がなければ何の意味も成さない。

 イラク戦争にしても、終わってから言いたい事を言う反戦論者や、
(じゃあお前らは、やる前から具体的に解決策を提示してたか?)
バカの一つ覚えみたいに、『戦争反対』なんて呪文の様に唱えている奴らを、
黙らせるには、堂々と常任理事国となり、自国の意見を述べるしかない。

 何が正義で何が悪なんて、たかが人間の小さい論理、
理屈で決められるものではない。
だったら、そんなものを恐れて何もしないよりかは、
自分達が正義と決めたことに、全力で望むことが大切だ。

 これからも、戦争やテロは止め処なく行われることだろう。
(人が生きている限り、絶対に無くなる事は無いと断言できる)
今回の戦争のように、終わってからやっぱ間違ってた、
やれそら見たことかなんて、ごちゃごちゃするんだったら、
その前に、日本はやれることをやっておこう。

 それが、日本の常任理事国入りであり、しっかりと国際社会に発言力を持ち、
責任ある立場になり、自分達の信じた道を迷うことなく進めるように、
地ならしをしておくことが必要だ。

 もう、自国だけ良ければいい的な考えは止めよう。
日本が新世紀を生き抜くには、各国との連携が必要不可欠。
その為に、戦争とテロとか、自国の犠牲も払わなくてはならない事象にも、
積極的に関与していかなければ、国際社会の信頼は得られない。

 それに伴い日本人も、そろそろ平和ボケから眼を覚まさなければならない。
posted by 俺 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2004年09月25日

『俺様の庭』ユーザーの皆様へ(2004/9/25)

gar_image_001
ゲーム『俺様の庭』 メイン画面

 上の画像は、俺の『俺様の庭』メイン画面の画像です。
ただいま、チューリップが2つ咲いています。
とりあえず俺の当分の目標は、庭をチューリップで埋めることです。

 皆様の庭には、今どんな花が咲いているでしょうか?
昨日から実装したポイント(昨日の記事参照)の仕様で、ユーザーそれぞれの庭は、
他の人とは違う様相になっていることと思います。

 昨日設置したポイントの仕様は、
  ・ 毎日何かしらかの花が咲く(1日1個はゲットできる)
  ・ 何が咲くかはランダム(運が良ければレアな花出現)

 ポイントは今後、続々と各記事(過去の記事を含め)に設置していくので、
ユーザーの皆様は、ぜひご期待ください。

 このゲームは、まだまだ現在進行形で開発が進んでいるゲームで、
まだまだ完成には至っていません。
バージョンアップを繰り返していくうちに、ゲームも大規模になっていき、
操作用法や、ポイントの場所、ゲームの秘密など、
ゲームに関する要素が増えていく形になると思います。

 しかし、そんなものをいちいち覚えたり、探していてはユーザーも大変です。
そこで、近いうちに『俺様の庭』攻略ブログを立ち上げようと思います。

 『俺様の庭』は気に入ったけど、面倒なことは嫌い…
という方は、攻略ブログを見て、お手軽に情報をチェックできますし、
いや、自分の力で全ての花をコンプリートしてやる、
という方は、攻略ブログを見なければ問題ありません。

 それぞれが、それぞれのやり方で、気軽に遊べることを目標にしていますので、
自分なりの遊び方で楽しんでもらえればと思っています。

 そして、このゲームを通して、少しでも多くの記事に、
多くの人が目を通してもらえればと思っています。

 このブログを閲覧してくださる方の中には、
自分もブログを書いていたりする人も多いと思います。

 そういった方のブログの中で、このゲームを
記事にしてくれる人が増えればうれしい限りです。

 自分のアルバムは今どうなっているのかを紹介したり、
このポイントでは、こんな花が咲くとかを取り上げたり、
そうやって、多くのユーザーと交流できれば面白いかなと思っています。

 ブログに書くネタがない時は、アルバム画面をプリントスクリーンで撮って、
画像をアップすれば、5分くらいで済みますしネタには便利です。(笑)

 ゲームの質問や、アイデアなども随時受け付けていますので、
何かある方は、気軽に関連記事にコメントをください。

 では、今後とも『俺様の庭』並びに当ブログをよろしくお願いします。


 オリジナルブログゲーム『俺様の庭』とは? → こちら
 『俺様の庭』カテゴリ → こちら

2004年09月24日

ゲーム『俺様の庭』Ver0.4

 オリジナルブログゲーム『俺様の庭』が、
Ver0.4にバージョンアップしたことをお知らせします。

 何それ?という方は、こちらの記事を参照してください。

 Ver0.3はアルバム機能となり、今回のVer0.4は、
皆様お待ちかねの、花が咲く『ポイント』の設置を開始しました。

 この記事の下部に何かしらかの花が咲いていると思います。
(咲いていない方は不具合ですので、コメントください)
例によってクリックすれば、左上の庭部分に花が移動します。

 この『ポイント』は、一日一回、何かしらかの花が咲くようになっています。
何が咲くのかも固定していませんので、毎日楽しみにしていてください。

 もちろん、なかなか出現しないレアな花もあります。
同じ花をひたすら集めるのもよし、レアは花を狙うのもよし、
遊び方はそれぞれの自由ですので、
自分なりの楽しみ方が見つけられれば幸いです。

 今回は、初回ということで『ポイント』の詳しい説明をしましたが、
次回からは、『新たに設置した』という告知だけで、
どこのページに現れるのかとか、この『ポイント』には
レアが出現するとかの説明はいたしません。

 こういったものを見つけるのも、ひとつの楽しみだと思いますので、
なるべく、自由度の高いゲームにしていこうと思います。

 2009年12月5日:新ブログ移行のため、本機能を停止しました。
引き続き、新ブログ『俺様の見解』でゲームをお楽しみください。



 ・新ブログ『俺様の見解』

2004年09月23日

ゲーム『俺様の庭』アルバム機能

 オリジナルブログゲーム『俺様の庭』に、アルバム機能を実装しました。
この記事の下部に機能が搭載されています。

 オリジナルブログゲーム『俺様の庭』とは? → こちら

続きを読む

2004年09月22日

同意を求めます、月曜祝日って…

 月曜日が祝日の週って、曜日感覚狂いませんか?
連休明けの火曜日が、月曜日と錯覚してしまう。

 おかげで、月曜夜に放送と認識していた、
『世にも奇妙な物語』見逃しちまったじゃねぇか…。

 これの為だけに生きているといっても過言ではない俺は、
この先、何に楽しみを見出して生きていけばいいのですか?

 あ!今週の土曜日K-1やるじゃん。
とりあえず土曜日までは、曙がボコボコにやられる姿を楽しみに生きてこ。

 月曜祝日うぜぇ。
posted by 俺 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | シリーズもの

2004年09月21日

2004・週刊少年ジャンプNo.43

 今週、キャッチフレーズグランプリ2004の発表があった。
…キャッチフレーズだよね?
どうみても、キャッチフレーズの体裁をなしていないものもいくつかあるけど、
これを審査している、特別審査員って意味あるのかな?

 どう考えても、キャッチフレーズって普段からその漫画に
慣れ親しんでないと、厳正に審査できないと思うけど、
この特別審査員のおっさんどもは、ジャンプ読んでるの?

 応募数を稼ぐためのお飾りという役目だというのは分かるけど、
どうせならもっとマシな奴を連れて来いよ。

 最近結果を残せていない、落ち目のゲーム業界から、
変な奴連れてくるよりかは、K-1やPRIDEのイベントプロデューサーや、
ユーザーを楽しませる術を知ってるIT業界の雄など、
成功している人たちに審査をさせろ。

 まあ、そういう人たちは忙しいから、結局こういう中途半端な奴らしか、
引き受けてくれないだろうけどね。

 俺的には、あそこに掲載されている中で選べば、
ボーボボの、『ボーギャグブジン』と、
リボーンの、『タラタラしてるとまた死ぬよ』が、
キャッチフレーズとしては秀逸だと思う。

 グランプリの、『一護剣斬!!!』は
かなりキャッチフレーズとしては的を外していると思う。
だって、あの漫画主人公の一護が活躍するシーン少ないし。(笑)
他の漫画と比べて、主人公の露出が極めて少ない。

 だから、ブリーチでキャッチフレーズを考えるなら、
仲間を含めたものや、世界観をあらわしたキャッチフレーズが適切だ。

 まあ、なんちゃって審査員に、
ここまで深く考えろって注文する事自体、無理があるか…。


今週のピックアップ

続きを読む
posted by 俺 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。