2004年11月30日

番外編・2004年度流行語大賞第4位

 ※ この物語は、フィクションです。


 さあ、やってまいりました、毎年恒例の番外編・流行語大賞。
はたして、2004年度の流行語大賞は一体どうなるのか?

 もう既に10位から5位までの発表は終わっています。
10位から5位までは、下記の通りです。

続きを読む

2004年11月29日

他人のブログ襲撃12回目

 ほんの一部の人には好評だけど、勝手に訪問されて
酷評されるブログオーナーにとっては迷惑この上ない
この企画も、第12回目を迎えました。

 企画の趣旨は、襲撃1回目を参照してください。
襲撃11回目から、少しルールが変わりました。

 日本人って、勝手にルール作るのが好きだよね。
法律とか、マナーやモラルの更に上に、勝手なルールを作って、
『これは全員守らないければならない』みたいに妄想を創るのが好きらしい。

 ブログの世界にも、少なからずそういった傾向が見える。

 まずは、『トラックバックを受けたら、相手にお礼しにいかなければならない』
みたいな訳の分からないルールを信じている奴が結構多い。
別にお礼したけりゃすればいいし、無視したって各自の自由だ。
いちいち人に聞いたり、訳もなく妄信してる奴は、もっと自我を持て。

 ちなみに俺的方針は、『トラックバックするのはてめぇの勝手だが、
俺はお前のブログには興味ありません』って感じかな。

 あともっと理解できないのは、自分のブログにコメントを貰ったら、
相手のブログにもコメントをしなければならないとかいうアホな考え方だね。
これも、したけりゃしにいけばいいし、
馴れ合いが嫌いであれば、静観してればいいだけの話。

 その結果、どういう事態になるか自分で責任取れば済む話だんだよね。
どうも、責任を避けたがる奴が多いんだよね。
死ぬわけじゃないんだから、堂々としてればいいんだよね。

 コメントに関しては、俺のブログに付いたものは、
俺のブログの中で決着させるというのが、俺様の方針だけどね。
他所様のブログで、喧嘩売ったりいちゃいちゃしたりすることはしないね。

 最低限のマナーを守って、やりたいようにやってればいいんだよ。
型にはまったブログほど、見るに値しないものはないね。
周りがどうとか気にしないで、堂々とやれ。

 では本日の襲撃スタート。

続きを読む
posted by 俺 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のブログ襲撃

2004年11月28日

このキャラは著作権でそれとなく保護されています

著作権保護 キャラクター名:扇風機?

生息地:家電量販店

好きな食べ物:ほこり、ちり

将来の夢:エアコン

特徴:スイッチを入れると、「ん〜ま!」「ん〜ま!」
と奇声を発し、扇風機なのに回ろうとしない。
一応タイマーボタンも付いているが、1時間に設定しても、
余裕で3時間くらいは、「ん〜ま!」を連呼している。
posted by 俺 at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ネタ

2004年11月27日

そんなに俺が嫌いか?

 誰にでもあると思うんだよね。
お気に入りの商品や、愛用している商品が。

 でもね、俺が気に入った商品は、
ことごとく3ヵ月後くらいには、店頭から消えてるんだよね。

 特にコンビニに置いてある商品、気に入ったカップラーメンやドリンクなどは、
まるで俺に嫌がらせをしているかのように、すぐ消えるね。
不人気商品ばかり気に入る俺が悪いのか?

 もう泣きたくなるね。
買う気満々でコンビニ行って、忽然と消えてた時は、店員さんに、
「安西先生…バスケがしたいです…。」
って泣きつきたくなるくらい、悲しくなるね。
posted by 俺 at 17:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 俺様のぼやき

2004年11月26日

子への愛情は、他人への愛情と反比例する

 自分の子への愛情がどんなに強くても、他人への愛も同じくらい強ければ、
何も問題ないけど、今の世の中、反比例してるからたちが悪い。

 公共の場で、自分のガキ野放しにして、
好き勝手に大声を出させたり暴れさせたりして、何も注意をしない。

 で、子供が他人に注意されたり、ぶつかったりすると、
ヒステリックになって、
「うちの子供に何するのよ!」
って、自己中心的な反応をするバカ親が結構多い。

 てめぇの家族ごと、島流ししてやろうか?

 結局こういうバカ親に育てられた子供は、
公共の場でのマナーを親から学習してないから、バカ息子に育つ可能性が極めて高い。
そしてそのバカ息子が、バカ孫を生み出すという、負の連鎖が続く。

 そもそも、他人を愛せないで、正常に自分の子供を愛せるであろうか?
多くの場合は、自分の子供が可愛いんじゃなくて、
自分の子供を可愛がっている、自分そのものが可愛いだけだろう。

 こういう背景があって、子供自体には何の罪もないのに、
他人の子供には無関心、疎ましい存在だと感じる人も多いと思う。

 その結果、奈良小1女児殺害事件のような、
他人の子供を巻き込む異常な事件が発生したりする。
負の連鎖が、また別の負の連鎖を生み出す。

 物騒な事件ばかりで、我が子を心配している親は、
我が子に注ぐ愛情の少しでも、他人に向けることに努力することが、
平和な社会への第一歩だということに気付いた方がいい。

2004年11月25日

2004・週刊少年ジャンプNo.52

 他はどうか知らないし、調べる気も全くナッシングだけど、
俺がいつもジャンプを買っているコンビニ(セブンイレブン)で、
ついにジャンプに帯がされて、立ち読みできないようになっていた。

 おかしいと思ったんだよな。
俺がいつも買う時、ジャンプコーナーに金の無い雑魚共がたむろっているのに、
今週は誰もいなかったから、
『うざってぇ奴らがいなくてラッキー。』
と思ったら、立ち読みできないように帯がされて、ジャンプが山積みになっていた。

 まあいつも買って読んでいる俺には何の影響もないが、
大量に山積みになっていた点はどうも引っかかる。
俺がいつも買う時間帯(20:00以降)は、いつも数冊しか残ってなかったからね。

 立ち読み禁止にすれば、ジャンプを買う客も増えるだろうと、
店側がいつもより大量に仕入れたのであろうか?

 それとも少し立ち読みをして、面白そうだったら買うという客が結構いて、
立ち読みが出来なくなっていたので、他の店に流れたのであろうか?
(その結果、ジャンプが大量に余った)

 まあちょっと1週では判断できないな。
たまたま今週、売れ残っていただけかもしれないし。
何はともあれ、立ち読みで済ませていた人達はお気の毒です。

 参考書とかは、買う前に立ち読みが必要だと思うけど、
ジャンプなどの娯楽本は、立ち読みなんかさせなくていいよ。
昔は、客寄せのために利用してたんだろうけど、今はそういう時代じゃないしね。

 こういう流れが全国に広がれば、立ち読みで簡単に済ませてるくせに、
偉そうに作品を批評する、的外れ野郎が減るだろうから助かるね。

 こいつらは、バカの一つ覚えのように、
『絵はそこそこうまいがストーリーがしょぼい漫画』→『2代目黒猫』
みたいに、安直な発想しか出来ないからな。

 まあこういう奴らは、立ち読みできなくなったら、
買ってまで屁理屈ぬかすとは考えられないから、
うぜぇのが大幅に減って助かるよ。

 めでたし、めでたし。


今週のピックアップ

続きを読む
posted by 俺 at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2004年11月24日

オレ事変

 椎名林檎の曲は嫌いだけど、東京事変の曲は結構気に入っている。
『歌っている人同じじゃん』ってツッコミ入れる人がいるかもしれないけど、
曲質っていうか、そういうのが全然違う。

 椎名林檎の頃の曲は、あまりにもクセが強すぎたんだよね。
アレはもう、俺の中では拒絶反応を起こしていました。
個性的なアーティストだとは思っていましたが、
人間誰にも、仲良くなれない人がいるように、
俺にとって椎名林檎は受け入れられない存在でしたね。

 でも東京事変になって、曲調から変な刺が抜けたっていうか、
万人に受け入れられるような形態に変化しましたね。

 あれだけ嫌っていたアーティストの良い点を素直に認める…。
いやぁ、さすがだな、俺。

続きを読む

2004年11月23日

ドラクエとFF

 今週末、11月27日にシリーズ8作目となる、ドラゴンクエスト[が発売される。

 最近は、ろくなゲームが発売されない中、
ドラクエだけが唯一心から安心して遊べるゲームとなっている。
俺のプレステ2も、ドラクエだけのために買ったようなもんだしな。

 小学校の頃から、ドラクエシリーズをリアルタイムで遊んできた俺にとっては、
1〜7まで、全て期待を裏切らない作りに仕上がっていた。

 まあ好みの問題で、3は面白かったとか、7はつまらんとか、
それぞれあると思うが、ドラクエの基本コンセプトである、
『ゲームを楽しむ』というものは、1から変わっていないと思う。

 それに比べて、ドラクエと何かと比較される
FF(ファイナルファンタジー)は最悪だね。

続きを読む
posted by 俺 at 18:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム

2004年11月22日

同意を求めます、夜の路上で…

 夜、路上を歩いている時に前に人がいると、非常に気を使いませんか?

 俺なんて人より足が長い分、歩く速度がマッハ3なんだよね。
だから大抵の場合は、俺が前を歩いている奴を追い抜く形になるんだけど、
抜かれる側からすれば、夜、後ろから足音が近づいてくるのはすごく恐いでしょ?

 そう思って、わざと抜かないで後ろを歩いているのも、
変質者だと思われそうで嫌なんだよね。

 いつだか夜、普通に道を歩いていると、
前を歩いている女がこっちを見たと思ったら、急に走り出したもんね。
よっぽど追いかけていって、
フェイスクラッシャー → フラッシングエルボー
の連携を食らわしてやろうと思ったけど、ギリギリ思い止まったよ。

 え?変質者よりもお前の方がタチが悪い?
そんな…あんまり褒めないでくださいよ、先輩。
posted by 俺 at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | シリーズもの

2004年11月21日

時代遅れな紅白歌合戦

 NHKの不祥事が相次ぎ発覚したり、格闘技イベントの台頭など、
ますます逆風に晒される中、今年も紅白歌合戦が行われる。

 更に、大物アーティストの相次ぐ紅白歌合戦不参加の表明。
挙句に、蜜月関係かと思われたヨン様にも参加を断られたNHK。

 ここまで来ると、ざまーみろっていうよりも、お気の毒に思えてくる。
昔は、こんなガツガツとあらゆる方面に出演交渉なんかしないでも、
向こうから出場させてくださいっていう印象があるけどね。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。