2005年10月31日

俺の家に、金を郵送しておけ

 あ〜あ、宝くじに当たりてぇとか、回りくどい願いはしねぇから、
誰か俺の家に100兆円くらい、郵送で送ってこねぇかなぁ…。

 まあ100兆円は大げさだとしても、95兆円くらいは可能だろう?
持ってる奴は、そろそろ俺の家に郵送しておけ。

 え?送ってやるから、住所を教えろだって?
バーカ、てめぇで調べろ。
貰ってやるんだから、それくらいてめぇでやれ。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 俺様のため息

2005年10月30日

2005・週刊少年ジャンプNo.47

 お決まりのように、ジャンプでは各漫画、人気投票をやっているが、
人気投票の結果を見ていると、その漫画の傾向がよく見えてくる。

 やっぱ、しっかりとした漫画は、主人公が毎回1位になってるね。
長く連載を続けるには、性別、世代を問わず支持されなければならない。
幅広く支持を得ている主人公がいる漫画は、はやり長期連載しているし、
漫画の質も偏らないで、かなり面白いものが描かれているパターンが多い。

 そして、主人公以外の脇役が1位になるような漫画は、
はやり『特定』の人にしか支持されていない、偏った漫画になっているパターンが多い。

 最近の例でいえば、『リボーン』かな。
主人公であるリボーンが、7位とか8位だったからな。
主人公がここまで支持されない漫画も、見たことない。

 まあ上位に連ねていたキャラは、いわゆる美男子系キャラだったから、
女性読者で持っているような漫画というのが一目瞭然だ。

 支持層が偏っている漫画っていうのは、大抵中身はつまんないんだよな。
まあキャラクターも、漫画を構成する重要なファクターであることは否定しないが、
それにあぐらをかいて、質を高めることを意識しないと、すぐに飽きられる結果になる。

 人気投票だけで、その漫画の分析がかなりできる。
作者も、ただの人気投票だと軽視しないで、今後の自分の漫画のあり方を考えるには、
重要なデータとなるはずだから、しっかりと分析した方がいい。

 結局漫画もビジネスと一緒で、
結果、分析、反映ができない奴は、自然と淘汰されていく弱肉強食の世界なのだ。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2005年10月29日

商品とソースは別々です

 コンビニでよく、たこ焼きとかソーセージとか、フランクフルト売ってるじゃん。
そんなに頻繁には買わないんだけど、時々買うわけだよ。

 お家に帰って早速食べようと袋から出すと、
ソースとかケチャップが付いていないわけだよ。
でも俺は、通のフリをして『何も付けないで食べるのが、おいしい食べ方なんだよな』
とか1人で勝手に納得して、構わず食べるんだよな。

 で、食べ終わってから、袋をガサゴソとしていると、
ソースの袋とか別で出て来るんだよな…。
ぶっちゃけこのパターンが、2、3回あったね。

 学習能力全くないな、俺…。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様のぼやき

2005年10月28日

クイズ、おっさんに聞きました

 クイズ、おっさんに聞きました。
さて、あなたは何問答えられますか?

クイズに挑戦!
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 面白ネタ

2005年10月27日

汚ねぇ面を、こっちに向けるな

 うぜぇ。

 よく、電車とか乗ってると、ドアとか壁に寄りかかってるバカがいるけど、
汚ねぇ面を、俺様の方に(電車の内側)に向けるなよ。
こういう奴らがいると、普通に電車に乗っている俺様と目が合うからうぜぇんだよな。

 俺様は、外の風景を眺めるのが好きなのに、
こいつらの汚ねぇブサイクな面がそこにあるから、台無しだよ。
いかにてめぇらのみてくれが、ブサイクだということに、いい加減気づいてほしいね。

 っていうかこいつら、疲れたような感じでドアや壁に寄りかかってるけど
たいした人生送ってないくせに、疲れたような顔してんなよ。
そんなに疲れてるんなら、俺様がそのまま、お前らの人生を締めくくってやろうか?

 お前らがドアに寄りかかってると、出入りする人に邪魔だし、
モラル的にもお前らの存在価値は皆無。
っていうことで、そろそろ死んでくれ。
社会的には、全く影響ないから安心して逝ね。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様の独り言

2005年10月26日

弱ぇ、阪神…

 阪神、弱いな。
ペナントレースというものが、いかにまがい物だったのかというのがよく分かったよ。

続きを読む

2005年10月25日

いらっしゃいませ♪♪♪♪♪

 いらっしゃいませ、どちらの商品がご入用ですか?

1. 六甲のおいしい豚の丸焼き(¥8,120,003)
2. ほこり(¥150)
3. 宮本の愛(¥2,800)
4. 地球船宇宙号(¥30,000)
5. あしたの朝(¥9,400)
6. ミニマム坊や(¥40,000,000)
7. あの時のお前(¥620)
8. キノコ(¥240)
9. ティッシュ3枚セット(¥5,350,000)
10. クレイジーまさ子(¥1,050)
posted by 俺 at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 面白ネタ

2005年10月24日

同意を求めます、車が出て…

俺様から貴様等に同意を袖めるシリーズ

 よく歩道を歩いていると、横に駐車場とかあって、
『車が出ます、ご注意ください』とかアナウンスが流れるところがあるけど、
普通歩いている方が注意するんじゃなくて、車が注意するもんだろ?
何かあのアナウンス聞いてると、ムカついて来ませんか?

 せめて、
『大変申し訳ございません、車が出ますのでご協力ください』
とかだったら、少し道を空けてやるかって気分になるけどな。

 そもそも、歩道で車の方が態度がでかいってどういうことだ?
人を傷つける可能性のある方が注意をするのが当然だ。

 まあ、ここで交通ルールとか道徳を語るつもりはないが、
ともかくあのアナウンスは一方的でむかつくな。
posted by 俺 at 23:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | シリーズもの

2005年10月23日

2005・週刊少年ジャンプNo.46

−漫画でよくあるパターンを検証する−

 トーナメントで戦った相手は、いずれ必ず仲間になる。
はっきりいって漫画で描かれるトーナメントは、仲間集めの場と化してるな。

 まあ確かに、きっかけとしては一番手っ取り早いし、分かりやすい。
大勢強者が集まって気安いしな。
ルールも単純明快だし、バカでも楽しく読める。

 過去トーナメントで成功した代表的な漫画は、
やはりドラゴンボールと、幽遊白書だろう。
どちらも、天下一武道会と暗黒武術会で、人気が膨れ上がっている。
勿論、両漫画とも、そこで戦った敵は、いずれ仲間になっている。

 トーナメントは単純だからこそ、読者に支持される。
逆にこのトーナメントを複雑にしたせいで、失敗した漫画も存在する。

 シャーマンキングは、トーナメントの途中でわけの分からない展開をはさんだり、
読者に意味不明なことをした結果、打ち切りという悲惨な目にあった。
あの作品は、トーナメントの前までは人気あったんだけどね。

 だけど、どの漫画もトーナメントばかりだと飽きる。
主人公の仲間集めは、確かにストーリーを考えるのは面倒だろうけど、
銀魂のようにコツコツと集めていく手法も、多くの漫画家に身につけて欲しい。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2005年10月22日

優しい俺様

 以前、俺の住んでる所の近くに小学校があると書いたが…、
え?どの記事で書いたかだって?
バーカ、てめぇで探せや、ボケが!

 この前、会社行く時に校門の前を通ると、
中からボールが転がってきたんだよね。
俺はそれを見て、ボールを拾ってやって、
門のところから覗いているガキにボールを返してやった。

 そいつの友達が、
「道路に出てボールを取りにいかなくて良かったね。」
とか話してたけど、我ながらいい事したなぁと思ったよ。
ボールを追っかけてガキが道路に出るのは、昔から危険な行為と認知されているからな。
俺様って、優しいね♪
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。