2005年11月30日

今日(2005/11/30)のうさぴょん占い

 みんなー、きょうのうさぴょん占いを始めるよー!
みんなの今日の運勢は、どうかなー?





今日の運勢を見る
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | シリーズもの

2005年11月29日

『一口〜』の常識を打ち破る

 これまでの常識が覆る!一口で食べられるものを一口で食べない!!

 『一口メンチカツ』とか『一口ケーキ』とか、
一口で食べられるサイズの食品が、よく販売されているが、
そもそも、何口で食べようがそれは消費者の勝手である。

 その押し付けがましい態度にあえて反抗し、俺は一口で食べられるミニサイズでも、
ちょびちょび食べて、奴等の高圧的態度に反抗している。
正に挑戦者!!

2005年11月28日

さけるチーズの常識を打ち破る

 業界に激震!さけるチーズをさかずに丸かじりで食らう!!

 誰もが予測しなかったことだろう。
『さける』事が売りであったさけるチーズを、
さくのが面倒だから、そのまま丸かじりで食べる俺様!!

 チーズがさけやすくするために、どれだけのコストをかけているのかは知らないが、
そういったものを一切無視した、俺様のチャレンジスピリットは、驚嘆に値するだろう。

2005年11月27日

クイズ、おっさんに聞きました

 クイズ、おっさんに聞きました。
さて、あなたは何問答えられますか?

クイズに挑戦!
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 面白ネタ

2005年11月26日

くだらねぇブログは消えろシリーズ第一回

 絶対にどこかにこういうくだらないブログを書いている奴がいるだろうシリーズ

『最近よく、姉歯建築士とかよく聞くけど、姉歯、姉歯っていうから、
てっきりこっちの「姉派」かと思って、じゃあ、姉派がいるなら、
兄派とか、妹派な建築士がいるのかよ!ってつっこんじゃったよ。』

↑絶対似たよう事を、ブログに書いている奴が、複数いると思う。

 まあとりあえず、死んでこい。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 他人のブログ襲撃

2005年11月25日

『駆け込み乗車』はお止めください

 前にも書いたかもしれないが、訴えなければならない事、
不条理な事を徹底的に叩くのがここのブログの掟だから、
何か見たり思いついたりしたら、その都度書く事にしよう。

 駆け込み乗車する奴は、二百回くらい死んで来い。

続きを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊かな社会

2005年11月24日

ハリー・ポッターと賢者な俺様

 この前、テレビでハリー・ポッターがやってたよ。

 お、俺がまだ見てないバージョンのやつかなと思って、
テレビの電源を入れたら…、『賢者の石』じゃねぇかよ。
この前、テレビでやったやつじゃん。

 ケチってるんじゃねぇよ!
4作目劇場でやってるんだから、2作目ぐらいテレビでやりやがれ!
ってぶち切れてました。

続きを読む

2005年11月23日

2005/11/23 休載のお知らせ

 誠に申し訳ありません。

 毎年恒例だった、働いている人に感謝しよう、2005年版、
『ぼくのしょうらいのゆめは、りっぱなニートになることです』は、
著者が予定より早くニートになり、書く事を拒否した為、休載します。
どうか、ご了承ください。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ネタ

2005年11月22日

今日(2005/11/22)のうさぴょん占い

 みんなー、きょうのうさぴょん占いを始めるよー!
みんなの今日の運勢は、どうかなー?





今日の運勢を見る
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | シリーズもの

2005年11月21日

完璧な人間なんて1人もいない

 よく『完璧な人間なんて1人もいない』と開き直る奴がいる。
自分がミスをした時、ごまかしに利用し、
他人がミスをした時に、遠回しの蔑みに利用する。

 便利な言葉だが、1人の人間を堕落させる非常に強い力が存在する。
この言葉一つで、ミスを許容し、これ以上の成長を諦める人間が大変多い。

 そして、大抵こういう人間は、
『誰にも迷惑をかけてないんだから自分の勝手』と思い込むパターンが多いが、
自堕落な人間は、周りに多大な迷惑をかけている事に気付こうとしない。

 『完璧な人間に成る』事と『完璧な人間を目指す』事は大きく違う。
当然『完璧な人間』など1人もいないのだが、それに成る事を諦める道理はない。
1センチでも1ミリでも、それに近づこうとしている人間は美しい。

 都合の良い言葉を捜すのだけ一生懸命で、
それのせいにして自己の発展を諦め堕落した人間は、
どんな生物よりも醜く、存在価値の無い家畜と成り果てる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。