2009年05月31日

2009・週刊少年ジャンプNo.21


週刊少年ジャンプ・作品評価
ネウロ
作品名:魔人探偵脳噛ネウロ

シナリオ:7
デザイン:3
構成力:3
世界観:7

※シナリオとデザイン、構成力と世界観は一対。
合計で必ず10になります。
※数値が高い方が優れているというわけではなく、
特色が強いということです。


 今号で魔人探偵脳噛ネウロが終了しましたので、評価しておきます。

 読切である程度のインパクトを残し、連載にいたった作品ですが、
強烈な世界観と独特な表現力により、ジャンプで確かなポジションを確立し、
作者は新人でありながら、不動の地位を確保するにいたりました。

 世界観は説明するまでもなく、一度見たら忘れられない漫画でした。
絵的にもストーリーでも、強烈な個性の犯人や、その変化振りには、
読むものに強烈なインパクトを与え、良い意味で読者を驚かせてきました。

 読者を驚かせるにはそれなりの構成力も必要で、話の持って行き方は秀逸でした。
ただネタが尽きてきたからか、後半はほぼバトル漫画と化してしまい、
バトル的な要素での驚かせ方しか出来なくなっていたのは、少々残念でした。

 ゴッホを思わせるような抽象的な絵など、漫画ではあまり見ない表現を駆使し、
絵的にもインパクトを与えてきましたが、こちらも後半で力尽きてきたのか、
最後の方ではこういった前衛的な試みは鳴りを潜め、少々残念でした。

 常に読者を驚かせようと、ストーリーには工夫が見られました。
ジャンプでは王道の勧善懲悪ではなく、悪にもしっかりとスポットをあて、
単に正義の引き立て役としての描写ではなかったので、見るべき点が多かったです。

 ジャンプの漫画は、打ち切りで終わるパターンが圧倒的ですが、
この漫画は数少ない、打ち切りではないパターンで終わることができました。

 100%ではなかったですが、独自の世界観を構築し、そして、
それが読者にも受け入れられる形で漫画に出来た点が、成功の理由でしょう。
このどちらかが欠けていても漫画は成立しないということを、この漫画は証明しました。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年05月30日

肩こりって何?おいしいの?

 以前にも書いたが、俺様は肩こりの経験をしたことがない。

 ・俺様が無敵な例

 肩こりもそうだし、腰が痛くなったこともないのだが、
無敵すぎて何も悩みがなさそうに見えて、一点だけ困る場面がある。

 肩こりの人って、仕事が大変、忙しい、苦労してそうってイメージがあるが、
逆に肩こりじゃない奴は、楽な仕事、遊んでいる、ニートっていうイメージがある。
俺様、めちゃくちゃ仕事がんばっているのに肩こらないから、
遊んでいるように思われるのが嫌だ。

 この前も、たまに会う友達がふざけて俺の肩をもんできて、
『肩全然こってないなぁ、ちゃんと仕事してんのか?』
とか言われて、なぜかビクッとしたよ…。

 あんまり無敵すぎるのも、考え物だよな。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様の独り言

2009年05月29日

くだらねぇブログは消えろシリーズ第四十三回

 絶対にどこかにこういうくだらないブログを書いている奴がいるだろうシリーズ

 草なぎに対して、『おかえり』とか語りかけている奴のブログ。

 まず始めにキモい。そしてどうでもいい。
っていうかお前誰だよっていう感じだし、親しげに語るなと言いたい。
草なぎも、お前のところに帰ってきているつもりもないだろう。

 挙句、『誰でも失敗はあるよ』とか語りだしている奴もうっとうしいな。
何で上から目線なんだよ?
お前なんか生まれてきちゃったことが失敗なくせに、語るなと言いたい。

 更にバカは、草『なぎ』をわざわざ漢字で書いてるんだよな。
そっちの方が通っぽくて礼儀みたいな対応しているが、相当頭が弱い。

 『なぎ』は機種依存文字で、正常に表示されない環境があるから、
わざわざニュースサイトでも、ひらがなで『なぎ』にしているのに、
バカどもはわざわざ変換して、非常にうっとうしい対応。

 『おかえり』なんていう気持ちはさらさらなくて、単なる自己満足だろ?
っていうか、いちいちそんなしょうもない話題をネタにするな。

 まあとりあえず、死んでこい。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 他人のブログ襲撃

2009年05月28日

いらっしゃいませ♪×20+♪♪♪♪♪♪♪♪

 いらっしゃいませ、どちらの商品がご入用ですか?

1. ロックンロールをロッケンロールという奴(¥23)
2. 海ぶどう(¥60,000)
3. 食べられることを保障していないキノコ(¥245)
4. 松原姉妹(¥47,500,000)
5. ホーチミン・ルート(¥6,200)
6. ピーナッツ(¥4)
7. 豚インフルエンザ(¥10,500)
8. 嫁(¥2,700)
9. JOY・JOY・ウメ【享年83歳】(¥512,000)
10. 覇権社印(¥450)
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 面白ネタ

2009年05月27日

2009・週刊少年ジャンプNo.20

 P360にちょっとした広告漫画が掲載されている。
朝マックの商品PRを漫画で表現しているわけだが、なるほどと思う。
ジャンプでは、いかにもな広告を載せるより、こっちの方が読者も注目するだろう。

 漫画の内容は朝の慌しい中、サラリーマンが駅で、朝飯何食べようかと迷い、
たまたま見たマックの新商品を食べて力をつけ、朝から張り切って仕事して…、
という内容だが、幾つかツッコミどころはある。

 電車間に合わないとか言って、奥さんに駅まで車で送ってもらいながら、
ちゃっかり駅で朝飯食う時間があるんだな…。家で食べろ。
駅に飯を食べる店が備えられているのはでかい駅だけだし、現実感がない。
少なくても、これを見て共感を得られる読者は限られているだろう。

 まあ、漫画家が連載以外にも収入を得られる手段が増えるのは喜ばしいことだ。
最近は企業のパンフレットや商品案内でも、漫画が活用されている機会をよく目にするが、
漫画であれば読みやすいし、説明や状況もスラスラと頭に入ってきやすい。

 漫画に限らず、最近はゲームも広告戦略の一環に利用される機会が増えている。
漫画家もゲームクリエイターも、活躍の場が限られており、
なかなか本業で食っていくのが難しいご時世だが、
新たに広告業界に活動の場を見出すのも、別のやりがいを見つけられるのかもしれない。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年05月26日

バカみたい。

バカみたい。

詩:俺様


芸術的な詩を詠む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 豊かな社会

2009年05月25日

目覚まし時計を新たに買う

 小学生の頃から使っていた目覚まし時計がぶっ壊れたので、新たに買うことにした。
正確にはぶっ壊れたというか、ぶっ壊してしまったのだが(床に落としてしまった)、
あいつには何も責任がないから、どうか責めないでほしい。

 で、何を買おうかチョイスしていたが、何を買えばいいのかさっぱり分からん。
普通にアナログ式の、アラーム機能さえ搭載されていればいいのだが、
こんな条件では、当てはまる目覚まし時計は腐るほど存在する。

 まあ適当にえっちらほっちら探していると、メロディアラーム式の、
針の音がしない点をアピールした目覚まし時計に出くわす。
特にメロディアラームという点に引かれ、目覚めがジリリリリ…のベル音じゃ、
叩き起こされている感があるけど、メロディアラームはさわやかな目覚めを演出する。

 魔女の宅急便で使われているメロディも入っているし、『わーい』と思いながら買った。
買ったその日、わくわくしながら目覚まし時計をスタンバイし、眠りに付いた。
ちなみに俺様はめちゃくちゃ寝起きがいいのだが、使ったその日に重大な事実に気付く。

 メロディだろうがベル音だろうが、俺様は鳴った瞬間に起きて目覚ましを止めるから、
ぶっちゃけ何が鳴ろうが関係ないし、さわやかに目覚めるもへったくれもないんだよな。
1秒で起きる俺様に、魔女の宅急便のメロディが最後まで流れることはないのだ…。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様のぼやき

2009年05月24日

この人を探しています(59人目)

 このような特徴の人物を探しています。
見つけましたら、至急ご連絡ください。

主な特徴
 ・『インフィニティばばあ』の進化は、とどまることを知らないと分析している。
 ・キューピーハーフの残りの半分を、長年追い求めている。
 ・ゴミ捨て場で何回か、『ボルボイ加賀谷』が捨ててあったのを目撃している。
 ・時々泣きたくなることもあるけど元気にやってます…、とナレーションを入れてくる。
 ・ホストマザーと対立してたのは、千代太郎ではなくゴエ山だと最後まで断言していた。


よろしくお願いします。

2009年05月23日

今日(2009/5/23)のうさぴょん占い

 みんなー、きょうのうさぴょん占いを始めるよー!
みんなの今日の運勢は、どうかなー?





今日の運勢を見る
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | シリーズもの

2009年05月22日

転職は基本的に成功しないもの

 この不況のご時世、転職活動している人も多いと思うが、
基本的に転職して、今より待遇や環境がよくなり幸せになることはない。
断言するとバカが突っかかってくるから、この場では『基本的に』を添えておく。

 俺の職場にも、転職で中途入社してくる奴もいるし、逆に出て行く奴もいるが、
彼らを見ていると、99%転職先で幸せになっているパターンはない。
その心理に気付いてそこで我慢するか、諦めないで再度転職するかだが、
どの道を取ろうと、幸福度にたいした差はない。

 ようは年収だったり、職場の環境や人間関係の問題ではなく、
その人の仕事に対する意識の問題が大きく作用するのだから、
そこに気付かないで転職活動していたって、いつまで経っても楽園には行き着かない。

 転職して幸せになったという人もいるが、そういう人たちは、
大抵は意識の伴った、最初から仕事に対する姿勢がしっかりしている人たちだ。
こういう人たちは、基本的にどこに行ってもうまくやっていける。

 そうじゃない人間が転職して幸せになれる確率も0%ではない。
だが、そんな宝くじを買うような転職活動をいつまでもやっていて、
不毛な時間と労力を使うのであれば、なんでも周りのせいにして逃げる性分を改善し、
自己改革に時間を費やした方が、遥かに転職で幸せになる近道になるだろう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。