2009年09月30日

2009・週刊少年ジャンプNo.43

 トリコで食材&動物を読者から募集している。
こういった読者からネタを集める手法は、トリコが初ではなく、
古くはキン肉マンで、超人募集をしていた頃までさかのぼる。

 まあ、読者との交流だとか、『君の考えたアイデアがジャンプに載るぞ!』
なんて言えば聞こえはいいが、単に作者がネタを考えるのが面倒で、
読者に考えさせれば楽だ!という、作者の一方的な都合で始まるのが大半だ。

 当然、物語の中枢を担う部分に読者のネタが採用されることはない。
どうでもいい部分に1コマ2コマ載るのが大半だが、中には準脇役で採用されることもある。
当然採用されたところで、読者にマネーが振り込まれることもない。
著作権も作者に譲渡されるし、基本的に作者側が不利になることはない。

 ま、何も知らないガキどもが、楽しんでせっせと投稿する分には構わないが、
その応募ハガキを見ていると、図々しいというか、身の程をわきまえていない奴が多い。

 トリコの場合だと、食材や動物に捕獲レベルという指標が付くのが大半だが、
読者ハガキみていると、恐れ多くも捕獲レベル40だとか、
アホみたいな高い設定をねじ込んでくるバカがいる。

 作中では捕獲レベル30でも、かなりレベルの高い部類なのに、
なに、『僕の考えた食材&動物はそれよりも強いです』的な感じで、
上位進出に並々ならぬ野望を抱いているんだと、小一時間ほど説教したくなる。

 もう少し控えろ、ザコどもが。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年09月29日

この人を探しています(65人目)

 このような特徴の人物を探しています。
見つけましたら、至急ご連絡ください。

主な特徴
 ・『ジャスミンらりみつ』との三段腹四番勝負を明日に控えている。
 ・ホルモン屋で、『臓物うめぇ〜』としきりに叫ぶ。
 ・ジョルトコーラを見なくなってから、あいつは元気がなくなった。
 ・第584066842回ちょなっちょな選手権に、解説として呼ばれたことがある。
 ・五重塔の決戦、初戦はまさかの『ハン・アンダー・ポプラアート士朗』だった。


よろしくお願いします。

2009年09月28日

K-1ゲストと、ダイハツ『ココア』CMの共通項

 この前、K-1の試合をテレビで観戦していて、久しぶりにムカつく奴を思い出した。
去年の年末の放送の時に、ゲストは中立であるべきなのに、反則した奴に肩入れし、
そいつが反則負けした時に大泣きしていた、非常にうっとうしい女の三下ゲストがいた。
(藤原紀香の子分みたいな立ち位置)

 ・詳しくはこちらの記事

 コイツが懲りずにまた出ていて、うっとうしいなと思いつつ、
そういえば、こいつの名前ってなんていったっけ?と思って調べると…。
『西山茉希』?はて、この名前、最近どこかで見たなと思って考えた。

 しかも受動的ではなく、能動的に調べて、この名前に行き着いたんだよな。
あれ?何があって調べたんだっけなと必死に思い出したら、そうだ、
これもつい最近に記事にしたが、ダイハツのココアのCMに出ていた、うっとうしい女だ!

 ・ダイハツ『ココア』のCMがうざい

 全くの偶然で、K-1の件があって、ダイハツのココアのCMでも、
うざいと言っていたわけではなかったのだが、やはりムカつく奴というのは、
何をやろうとムカつくし、必ずどこかで結びつくんだな。

 こりゃ俺様、K-1に出るしかないな。
試合に出て、うっかり場外に転げ落ちたフリをして、勢いで柵を乗り越え、
たまたまコイツの画面にボマイェを食らわせれば、
不可抗力として『仕方ないね』って許されるよね。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様のため息

2009年09月27日

2009・週刊少年ジャンプNo.42

 去年から、ジャンプの背表紙を1年分繋げると、1つの絵になるという試みを始めている。
去年はワンピースで、今年は10周年のナルトがモチーフにされているが、
誰に需要があって、こんな試みをやってんだ?編集部は。

 確かに40冊以上ある1年分のジャンプを並べて、背表紙の絵が繋がった時は、
ちょっとした感動はあるかもしれないが、それも一瞬の出来事で、
その後は即効で廃品回収されるのが目に見えている。

 っていうか、そもそも集める気も起きないし、本箱に入らないサイズだし、
全て揃えるのは、かさばる事この上ないんですけど?
よっぽどの物好きか、暇人、マニアにしか喜ばれない企画だな。

 確かドラゴンボールのコミックス背表紙でもやっていたが、まだあっちはいい。
コミックスだから本棚にも収まるし、元々コミックスを買うのはファンだから、
ファンの収集心理を付いた、うまい試みだと思う。

 以前のジャンプ背表紙は、表紙に登場するキャラの顔アップだったと思うが、
普通にこっちの方がいいし、背表紙を見て何か分かるのは基本中の基本だと思うが?
繋ぎ絵でははっきりいって、背表紙によっては何の絵かさっぱり分からないし、
不親切以外、何物でもない試みだと思うが?

 どうもジャンプ編集部は、やっている事がずれているんだよなぁ。
こんなことに頭を使うなら、休載漫画が出た時の代原を、
少しでもまともなものにするために、一分一秒でも駆けずり回れと言いたい。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年09月26日

2009年9月26日、野球中継延長


※野球中継延長のため、21:00より放送予定だった、
『ホラーサスペンス・次に死ぬのは絶対にお前、きっと、必ず100%何が何でも貴様』は、
21:30より放送します。どうかご了承ください。

posted by 俺 at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ネタ

2009年09月25日

プロレスにありがちな演出・その3

 『プロレスって興味はあるけど、よく分からない』とか
『見た事は何回かあるけど、疑問に思う場面がよくある』という人の為に、
俺様がプロレスにありがちな演出を元にして、プロレスを解説してやろうと思います。

続きを読む

2009年09月24日

小さな幸せ☆11個目

☆小さな幸せ☆

・異様にうまいマグロの赤身に遭遇した時。

 マグロの赤身って、同じ赤身でも味が全然違ったりするんだよね。
まあ、マグロの種類や鮮度によっても変わってくるのだろうけど、
なかなか見た目では判断できないし、実際に食べてみないと当たりはずれが分からない。

 うまいマグロの赤身って、なんかしっとりしてるんだよね。
漬けのようにしっとりしていて甘みがあり、醤油なしでも食べられる感じ。
まずいのは身がパサパサしていて、味がほとんどなかったりする。

 うまい赤身は、その辺の中トロよりもはるかにおいしかったりする。
マグロ通で、トロよりも赤身が好きな人もいるらしいが、
確かにうまい赤身に関しては、トロなんかよりもはるかにおいしく感じる。

 まあでもいかんせん、そんなおいしい赤身に遭遇することはほとんどない。
老舗にでも行けば幾らでも食えるのだろうけど、スーパーで何気なく買ったマグロで、
たまたま、うまい赤身に遭遇した時の幸せ感は、想像を絶するものがある。
posted by 俺 at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 人生論

2009年09月23日

2009・週刊少年ジャンプNo.41

 前号で第5回金未来杯エントリー作品が全て揃ったわけだが、
今回は今までで一番予想が難しいな。
まあ、それが高レベルでの争いであれば言うことないが、残念ながらそうではない。

 前回までは1つ突出した漫画があって、それが受賞していたわけだが、
今回はどんぐりの背比べで、はっきりいってどの読切が勝ってもおかしくない。
今回は俺様の予想が外れてしまうかもしれない。

 非常に難しいが、毎回恒例の行事だから、また俺様が予想してやるか…。

1. CROWN!
2. north island
3. 明治百機八匣譚DENGI
4. 世直し伝説!!世奈押郎
5. メタリカメタルカ

 上位3つは、どれが受賞してもおかしくないのだが、下2つは100%ないだろうな。
見栄えとエンターテイメント性重視のクラウンか、
テーマがはっきりしていたノースアイランドか、アイテム・バトル漫画のデンジか…。

 バクマンの法則では、金未来杯エントリーNo.1が一番完成度が高いらしいが、
金未来杯では、必ずしもバトル漫画が有利でないことは実証されているし、
デンジは万人向けの絵柄ではないから、あまり支持は得られないと思う。

 それに比べてクラウンは、中二が好みそうな絵&ストーリー展開だったからな。
これまで4回連続、エントリーNo.1の作品が受賞をしてきたが、
その慣例を打破する期待も込めて、クラウンが受賞と予想することにした。

 ちなみに、公式の順位予想は、

1. CROWN!
2. 明治百機八匣譚DENGI
3. メタリカメタルカ
4. north island
5. 世直し伝説!!世奈押郎

 だと思う。
やっぱバトルモノのデンジは強いだろうし、メタリカメタルカも、
精神年齢が低い奴らには支持されやすい読切だった。

 公式順位は毎回公表されないが、こっちも公表してほしいところだな。
新人作家の励みにもなると思うし。
発表されて潰れるような作家であれば、そもそもプロには向いてないし、
連載時のアンケート順位告知時の予行練習にもなるだろう。

 例によって受賞作品発表は、10月下旬になるらしい。
今回は本当に予想が難しいというか、レベルの高い作品は、
直前にやっていたJG1読切祭に流れていった感じだ。

 ねこわっぱ!がエントリーしていたら、100%受賞していたな…。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年09月22日

陰謀論を安易に信じたり、民主党に投票した奴はテレビっ子が多い

 最近ネットでよく、『フリーメイソン』という単語を見るようになったが、
またバカが、テレビでやっている都市伝説や陰謀論を安易に信じて、
さも自分だけが知っている裏情報のように、安易にひけらかし得意になっている。

 俺もテレビでチラっと見たが、『フリーメイソン』が世界を牛耳る秘密結社で、
数々の戦争や国をコントロールしているという、よくある誘導洗脳番組だったが、
テレビではよくやる演出で、これを本気で信じる奴はバカの極みだな。

続きを読む

2009年09月21日

おいでよどうぶつ?の森:17日目

・今日出会った、どうぶつたち
 犬 1匹
 リス 3匹
 ヌー 59匹
 ルギア 1893匹
 ルキア 1ブリーチ

・今日採集したもの
 白菜 3個
 栗 2個
 サンマ 4匹
 明石家 1匹
 IMARU 七光り


 ※ 森で大量のルギアと、どっかの漫画のしょっぱいヒロインに出会ったよ。
親の七光りで調子に乗ったのがウロウロしていたので、とりあえず捕獲した。
海苔ピーの息子が芸能界デビューしたら、逆に応援したいと思うよ。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | シリーズもの
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。