2009年11月30日

次回から新ブログで記事を更新します

 このSeesaaブログで、約6年ブログを書き続けてきましたが、
この記事が、ここで書く最後の記事となります。(案内等は除く)
次回より、以前から案内している通り、新ブログの方で更新をしていきます。

 ・新ブログ『俺様の見解』

続きを読む
posted by 俺 at 23:59 | TrackBack(0) | 俺様からのお知らせ

2009年11月29日

亀田興毅完全勝利!負けたのは内藤ではなくアンチ亀田のゴミども

 記事のタイトルに、『亀田』『ゴミ』とか入れておくと、
亀田批判のページを期待して上記キーワードで検索し、
ここに検索エンジン経由で来るゴミが飛躍的に増えるから、あえて入れておいてやった。

 残念だったなゴミども。
ゴミなのは亀田でも内藤選手でもなく、粘着で亀田批判しか脳がないお前らだから。(笑)

 死ね。

続きを読む

2009年11月28日

2009・週刊少年ジャンプNo.52

−漫画でよくあるパターンを検証する−

 四天王とかなんとか五将軍とか、敵の大将クラスを登場させても、
大抵は全員を有効活用させず、その内の2〜3人はザコ&かませ犬で終わる。

 久しぶりだな、このコーナー…。

 まあ、主にリボーンやブリーチ、それとブリーチとリボーン、後はブリーチが当てはまるが、
とりあえず敵に役職付けて、その中の何匹かが人気出てグッズ売り上げでウハウハ、
という効果を狙うキャラ漫画に多く使われる手法だな。

 ブリーチなんてエスパーダなんて10人も登場させても、
その内まともにストーリーに関わる働きをしているのは数人で、
大半がかませ犬で終わっているし、別に10人でくくる必要性もない。

 リボーンも、真6弔花とか登場させても、その内の2匹は完全なかませで、
真6弔花とただの6弔花の差別化も出来ていない始末。

 で、パターンとして、そのグループの中の半分はザコだったりするのだが、
そいつらがやられると、そのグループの一番上のポジションの奴が、
『所詮、あいつらは我らの中でも最低ランクの力しかなかった』とかほざく。

 同じグループじゃねぇのかよ。(笑)
力の差があるなら、最初から同列みたいに同じ組に属するなといいたい。
(ちょっと前に、リボーンでこういった茶番がありましたね)

 更にパターンとして、そういったグループのザコは色物扱いで、
登場時に大体、そいつらのやれれる順番が見えてくる。
基本、しょっぱい漫画に限って、ブサイクから順に死んでいく。
まあこれは、ブリーチとリボーンの王道パターンだな。

 北斗の拳で南斗五車星みたいな5人組が登場したが、
この中で人気があるのがフドウとジュウザで、フドウに関しては、
見てくれからして、ブリーチやリボーンでは真っ先に死ぬタイプの外見。(デブデカ)

 だがフドウにはしっかりとしたストーリーがあって、散り際も見事だった。
北斗の拳を語るには、なくてはならないキャラで、
ブサイクもイケメンも含めてこの漫画は伝説となり、今に至っているわけだ。

 まあブリーチやリボーンは、今はオタクどもに絶大な支持を得ているが、
連載が終われば直ぐに飽きられ、また代わりの漫画に心変わりされるのがオチ。
所詮は北斗の拳やドラゴンボール、ワンピースと肩を並べることもなく、
歴史に取り残されていく、一般ウケしない信者専用漫画というわけだな。

 こういった小さな設定から、漫画というのは大きな差が出てくるのだ。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年11月27日

殴りたくなるCM、肌研(ハダラボ)の『肌ラブ』

 大変読者の皆様に好評を頂いている本シリーズですが、求めてもいないのに、
またまたムカつくCMが放送されていましたので、ご紹介させていただきたいと思います。
過去3回の紹介も、一緒に見ておくように。

 ・ムカつくCMその1・デコとも
 ・ムカつくCMその2・シエンタ
 ・ムカつくCMその3・ダイハツのココア

 ハダラボの『肌ラブ』CMが、相当な勢いでうっとうしいな。
見たことある奴も多いと思うが、女が横一列にならんで、
汚ったねぇほっぺとぽっぺをタッチして、それを隣同士リレーしながらスライドしていくCM。

 女同士で進んでいくのかと思いきや、列の最後に小池徹平が潜んでいて、
バカ女どもが『肌ラブ』とか叫んで終わるが、見ていて非常にうっとうしい。
近いっていうか気持ち悪いっていうか、汚い。

 まあ仮に小池徹平ではなく、俺様がアンカーを務めるとして、
隣のバカ女がほっぺを差し出してきた瞬間、すかさずクレイジーサイクロンをぶち込むね。
女はダウン、勝利BGMとしてB'zの『ultra soul』が流れれば言うことない。

 よくもまあ広告代理店も、ムカつくCMを次から次へと思いつくな。
まともな人間がムカついても、スイーツ(寒い女)どもはなんとも思わず買うのだろうから、
スイーツ狙いのCMとしては、一応の成功なんだろうな。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様のため息

2009年11月26日

厳しかった人が丸くなるのは理由がある

 『あの人、昔はものすごく厳しかったのに、いまはすっかり丸くなった』なんて、
人によっては何度も経験があるかもしれない事例だが、注意した方がいい。
説教や怒られる回数が減ったとホッとしていると、取り返しの付かない過ちとなる。

 中には、高齢や環境の変化で本当に人間的に丸くなる場合もあるが、
ほとんどの場合は、そうではないと認識しておいた方がいい。
原因は自分にあると、これまでの経緯を何度も振り返る事をお勧めする。

 ようは、その人に『諦められた、見捨てられた』と認識した方がいい。
最初のうちは、自分のためを思って説教や注意をしてくれていたのに、
何度も繰り返すうちに『コイツはダメだ』と思われ、さじを投げられている場合が多い。

 そうなると、とたんに説教や注意をしなくなり、何でも許す態勢をとられる。
コイツに時間を使うだけ無駄だと思われ、余計な神経を使わなくなるわけだ。
結果、今まで説教していた人が、丸くなったと錯覚をしてしまうわけだ。

 自分より上の立場の人、親、上司、先輩、友人、知人、恋人…。
説教されなくなってラッキー、なんて思っていると、気が付いた頃には、
1人、また1人と自分の周りから人がいなくなり、最終的に孤独な人生を送る事となる。
自分に気を向けてくれる人、説教をしてくれる人を尊ぶ姿勢が豊な人生を送る秘訣だ。

2009年11月25日

中二考察:10限目

・中二がよくやるファッション

 前から不思議に思っていたのだが、何故中身のないパーに限って、
ネックレスやブレスレット、指輪等の貴金属を見に付けたがるのだろう?
女性はともかく、野郎に関しては9割がた失敗&見ていて見苦しい。

 まあ、すっからかんの中身(内面性)をごまかす意味で、
安易に光物に頼りたがるんだろうけど、いかにも中二思考のパーが考え付くことで、
簡単便利、お手軽に女にモテようとする行為がサルに等しい。

 そしてそれに見事に引っかかる、メスザルも救いようがない。
中二は中二に惹かれ合うらしく、バカ同士仲睦まじくやっているようだが、
結局自分の欠点を棚に上げ、相手に非がある感じで別かれるのがパターン化している。

 そしてこれも中二常套だが、『どっかにいい女いねぇかな〜』とか嘆く。
内面を磨かない限りは人間的に優れた人間が寄って来るわけもなく、
小手先の光物ばかりに意識が向いている限り、いつまで経ってもサルしか寄って来ない。

 しょっぱいねぇ、果てしなくしょっぱい。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 面白ネタ

2009年11月24日

プライベートブランド(PB)で小売は大きく差が出る

 最近、小売店はプライベートブランド(PB)の開発に力を入れている。
プライベートブランドは、小売店が自分たちで商品を開発し、
それを卸を通さず自店で販売するので、安く販売しても利益が出やすく、
客にとっても、メーカー品よりも安く買えるというメリットがある。

続きを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊かな社会

2009年11月23日

この人を探しています(68人目)

 このような特徴の人物を探しています。
見つけましたら、至急ご連絡ください。

主な特徴
 ・『あっ、剥けそう剥けそう…あっ!』とか言いながら近づいてくる。
 ・バビロビッチとしか握手はしない主義。
 ・ポリバケツ太郎とコンソメ坊やの喧嘩の仲裁役に買って出た事がある。
 ・ホースを繋げてはならない部位に繋げていた、プロポリスばばあの影で暗躍していた。
 ・マジカルバナナで盛り上がっていた時の、ミキ松の異様なテンションに戦慄を覚えた。


よろしくお願いします。

2009年11月22日

BONES(ボーンズ)見ながら飯が食える俺は勝ち組

 俺様って、飯を食う時は必ずテレビを見ながら食べるんだよね。
行儀が悪いなんていう一昔前の奴もいるかもしれないが、ボーっと飯を食べるよりかは、
視覚・聴覚から情報を入れながら栄養を摂取したほうが効率がよい。

 できる人間っていうのは、一度に二つの事をやり、凡人と差をつけていくわけだ。
どんな人間にも、1日に24時間しか時間は与えられないわけだからな。

 で、この前、アメリカのドラマが好きな友達から、BONES(ボーンズ)を借りて、
それを見ながら飯を食べていたわけだが、なかなかすごいよ、このドラマ。
ホラー映画ではないのだが、ジェイソンどころのスプラッターではない。

 簡単に内容を説明すると、腐乱死体とかバラバラ死体、身元不明な肉塊から、
骨を抜き取り、骨の状態や付着物から身元や凶器を割り出し、
犯行現場や犯人を断定していく話なのだが、まあ出るわ出るわ肉やら血やら虫やら…。

 その手の映像が苦手な人間では絶対に見る事ができないドラマだが、
見る事ができても、それを見ながら何かを食べることはできないだろう。
でも俺は、平気でそれを見ながら、肉とか飯を食べられる耐性がある。
ちなみに、カレーを食べている時にあの話をするな、どころの次元の話ではない。

 そんなもんで気持ち悪いとか言っていたら、時間がもったいないしな。
その辺の二流ホラー映画よりも、はるかにリアルに描写するから、
そっち系が好きな奴は、逆にこっちを見たほうが大好物のオンパレードだろう。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俺様の独り言

2009年11月21日

2009・週刊少年ジャンプNo.51


週刊少年ジャンプ・作品評価
わじマニア
作品名:わっしょい!わじマニア

シナリオ:9
デザイン:1
構成力:8
世界観:2

※シナリオとデザイン、構成力と世界観は一対。
合計で必ず10になります。
※数値が高い方が優れているというわけではなく、
特色が強いということです。


 今号でわっしょい!わじマニアが終了しましたので、評価しておきます。

 この作者の読切は、休載漫画の代原で掲載されていました。
その作品も決して読者から支持されるような中身ではなく、実績はないはずですが、
何故か連載デビューにいたるという、ギャグ漫画ではよくある不可解な出世の典型でした。

 ギャグ漫画だと破天荒な世界観のパターンが多いですが、この漫画はいたって普通で、
学校、クイズ番組、プロレス等の日常にシュールなギャグを織り交ぜる展開でした。
読者には地味な印象を与え、ギャグ一本で勝負しなければならない不利な土俵でした。

 そのシュールなギャグを散りばめるために、様々な展開の工夫がされ、
漫画の構成もよく考えられた作りになっていました。
毎回違うキャラ、設定で作者は苦労していたと思います。

 ギャグ漫画は絵でインパクトを取りやすいですが、見た目の印象はほぼゼロでした。
読者の目を引き付ける効果もなく、キャラも地味なものばかりでしたので、
連載の回を追うごとのファンを増やす効果は、限りなく無に等しかったです。

 ギャグ漫画とはいえ、ある程度のストーリーは考えなくてなりませんが、
前回からの続き、という設定が使えないため、毎回よくストーリーを考えていました。
少ないページ数でよく表現していましたが、それが不利に働いていた点も否めません。

 4コマならいざ知らず、新人が毎週ショートショートを考えなくてはならないのは、
かなり大変だったと思いますが、面白い回があっても、次回は全く違う設定なので、
固定ファンも付き難く、ギャグも荒かったのでなかなか支持も得られ難かったと思います。

 まだまだ、独りよがりのギャグが目立ちますので、もう少し修行して、
万人を笑わせられる独自のギャグ漫画が描けるようになることを期待します。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。