2009年05月09日

デアラングリッサーがWiiバーチャルコンソールで配信開始

 ラングリッサーというシミュレーションRPGはご存知だろうか?
まあ、知っている奴はほぼオタク(アキバ系)確定だな。
え?じゃあそれを知っているお前もオタクの仲間だろだって?

 俺様の場合は違う。

 とりあえず、知らねぇ奴はてめぇで調べろ。

 このゲーム、1〜5シリーズまで販売されているのだが、
当初のラングリッサーは、純粋にシミュレーションRPGを追及していた。
傭兵システムという、当時としては画期的なシステムが売りで、
純粋にシミュレーションRPGとして大いに楽しめた。

 ある程度人気が出て、ほどなくして2(デアラングリッサー)が発売されたのだが、
キャラクターを見ると、ちょっと?なアキバ系が好みそうなデザインだったりした。
だがまあ、このくらいだったら普通に遊べるし、十分許容範囲内だった。

 で、おかしくなりだしたのが3からで、最終的に女のキャラクターと仲良くなって、
いちゃつくという、普通のシミュレーションRPGにはない設定を盛り込みだした。
戦略性を重視してシミュレーションRPGで遊んでいたのに、
いつの間にかギャルゲーをやっていたという罠に、見事はめられた感じだった。

 当時、クラスにオタクグループがいて、そいつらと話が通じるネタが、
このゲームだけだったからな…。
こっちは戦略を語りたいのに、あっちはどのキャラクターが萌えるとか、
話が全然かみ合わなかったのは覚えている。

 結局、キャラクターの絵があっち系だったから、その手のオタクが集まりだして、
そっちにウケるように、メーカーも方向性を変えたというわけだな。
当初からのファンを蔑ろにしやがって。

 まあ、そういう苦い思い出があるのだが、
当時の有名なシミュレーションRPGは、全てやりつくしたといった感じだ。

 今でもシリーズが続いている、ファイアーエムブレムシリーズは当然のこと、
オウガバトルシリーズやシャイニングシリーズ、マニアであれば知っているだろうけど、
マスターオブモンスターズなんかでも遊んだ。

 ジャンルはファンタジーにとどまらず、信長の野望や三国志、
近代戦争ものの大戦略にも触手を伸ばしている。
有名どころのシミュレーションは遊びつくしているといった感じだ。

 ただ、スーパーロボット大戦シリーズだけは絶対にやらない。
そもそもガンダムとか、ロボット系には何の魅力も感じないし、
あの世界観にはついていけない。
乙女がガンダムオタクを、何が面白いのかと軽蔑の目で見るのと全く同じ。

 話はそれたが、デアラングリッサーは色々な意味でギリギリセーフなので、
シミュレーションRPGが好きな人は、ダウンロードして遊んでみることをお勧めする。
傭兵システムは、今でも画期的だと思う。


posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※内容をよく確認してからトラックバックをお願いします。
※特定のキーワードが含まれているだけの、関連のないトラックバックは承認しません。
※宣伝・営業目的、アフィリエイトが目立つブログからのトラックバックは承認しません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。