2006年08月03日

亀田戦から分析する、日本人の人間力の未熟さ

 はぁー、本当にバカが多いなぁ。
亀田戦の判定で、TBSに抗議って、TBSに文句言ってどうすんだよ?
5万件って、相当嫉妬深い&知能指数が低い奴が多いな。

 なんていうか、亀田じゃなくて、
お前らゴミどもが、とりあえず今すぐこの世から消えろ。

 亀田はエンターテイナーとして社会に貢献しているが、
とりあえずお前らに関しては、何一つ存在価値がない。

 試合を見たわけじゃないから、判定に関してグダグダ言うつもりはないが、
判定に不服があるなら、協会かジャッジした奴に文句を言えってんだよ。

 そもそも、中継をしているTBSや、亀田本人をパッシングするのは筋違い。

 頭の悪い奴らが、さも知ったような感じで、何の根拠もなく、
黒い金が流れているとか、八百長だとかほざいているけど、
推測するのは勝手だが、亀田本人を批判するのがおかしい。

 その推測で考えるのであれば、亀田のスポンサーであるTBSや、
金を受け取っている側(協会?ジャッジ?)を批判するべきだろう。
中立的で公平に、冷静になって考えれば、すぐわかることだ。

 結局は、亀田が気に入らないだけだろ?
勝とうが負けようが、難癖つけて、批判したいだけ。
お前ら愚民は、いつだって才能のある、成功した人間を批判したがるんだよな。
俺もこのブログで経験あるから、よく分かるよ。

 そもそも愚民どもは、試合の前は、相手が弱そうだとか、
勝って当然みたいな評価していたくせに、いざ試合をしてみれば、
ランダエダは強かったとか、勝っていたとか、言いたいこといいやがって。

 まずは、試合前に散々失礼なことを言っていたことを誤れってんだ。

 挙句、わざわざランダエタの母国ベネズエラの日本大使館に、
謝罪や、ランダエタ賞賛のメールを送っているバカが千人近くいるらしい。

 お前は何様だ?
社会のゴミが、でしゃばるな。
当事者でもないお前が、なぜ責任者、保護者みたいな面でメールなんて送るんだ?

 亀田の事、常識がないだとか、散々批判しているけど、
お前らの行為の方が、よっぽど常軌を逸した行動だよ。
粘着にも程があるな。

 そもそも、亀田が生意気だとか、常識がないとか、その評価がおかしいよな。
プロレスの悪役や、ドラマの犯人を、必死になって批判しているのと同じ。

 演じてるの。

 もはや小学生レベルだな。
亀田は、わざと生意気な態度を取ったり、強気に見せたりとパフォーマンスをしてるの。
ようは、自分をプロデュースして、試合を盛り上げているわけだ。

 別に亀田だけじゃなく、歴代のボクサーの中にも、
生意気で、ヤンキーっぽい奴はいくらでもいた。
ボクサーじゃなくても、自分のキャラ作りで、毒舌を売りにしている芸人だっている。

 実際に、亀田が犯罪的な行為をしているわけじゃない。
あいつの本質は、バカが付くほど親思いの、近年まれに見る孝行息子だよ。
夢に向かって一直線だし、その辺のボンクラが批判できるほど軽い人間じゃねぇよ。

 数々の蛮行を犯している朝青龍や、よいお調子者ぶっていた山本の方が遥かに悪。
こうも今の日本人は、人の本質を見抜く力が欠如しているとは思わなかったよ。
これじゃあ、シナやチョン達になめられても仕方ねぇな。

 亀田はダウン取られても、残りのラウンド全て闘い抜いたよな。
ランダエタが真のチャンピオンとかほざいているけど、
お前らのいう、しょっぱい亀田を倒しきれなかったのは、どうなんだ?
亀田が真にしょっぱかったら、12ラウンドも続かなかっただろう。

 それとも、ランダエタも、八百長試合に手を貸していたとでもいうのか?
そっちの推測、評価の方がよっぽど失礼だよな。

 まあ、文句言っている奴は、ただてめぇの狭い器量で推し量れない、
亀田という19歳の若者が嫌いなだけなんだよな。
それを正当化しようと、必死になってその材料を探しているだけ。

 愚民どもは、一生、成功者の文句だけ言って暮らしてろ。
そっち側の方が、生き方としては楽だもんな。
こういう奴らとは、絶対に関わり合いになりたくないな。

 とりあえず、亀田にはお疲れと言いたいね。
まあ俺が言うまでもなく、翌日には強気な信念のある発言をしていたけど、
滅多に出来ない経験だと思うから、それを次の試合で活かせればいいと思う。

 他人がした判定や評価なんて気にするな。
自分が一生懸命やってればそれでいいし、しっかり見てくれている人も存在する。

 群がってくる蝿を振り払う時間が勿体無い。
これからも、『強気なパフォーマンス』に期待したい。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 時事
この記事へのコメント
本当にその通りだと思います。あなたみたいな人がやっと見つかりましたwwそういう考え方をしている人もちゃんといたんだなって感じですvw
Posted by らむ at 2006年08月06日 17:07
 らむさん、こんばんは。

 中立的に、冷静に考えれば、私の考え方はいたって平凡で特別でもないと思います。

 今回の問題の根本は、亀田という1人の青年を、多くの人間がただ嫌いなだけであり、
批判するネタがこの前の試合であり、総叩きしているだけなのです。
判定にも問題があると思いますし、TBSとの関係にも疑問がありますが、
それを全て、亀田本人のせいにするのは大きな間違いです。

 それと、彼の『強気なパフォーマンス』を、
彼本来の人間性と結び付けて考えるのもおかしいです。
彼は、衰退したボクシングと試合を盛り上げるための
強気なキャラ作りをしているだけに過ぎないのですから。

 映画の悪役に、『こいつ生意気』『最悪』だとか、
必死になって多くの国民が批判しているようで、非常に滑稽です。

 実際に亀田本人にあって、性格が最悪だったというのであれば分かりますが、
テレビ越しでしか会った事ない人間を、
さも全てを理解したかのように批判するのは、あまりにも浅はかです。

 マスコミに煽られて、またはネットでの噂を信じて、
ほとんどの人間が、たいした亀田という人間を知りもしないで、
総批判していますが、ここまで日本人は洗脳されやすい民族かと、
今回の騒ぎ様は、ある意味恐ろしいものがあります。

 私は、そういった影響を一切受けませんし、
自分が思ったことを冷静に、中立的に分析して書く事ができますので、
らむさんには、ちょっと特殊に見えたのかもしれませんね。

 書いてあることは、別段変わったことを書いたつもりもありませんし、
いたって平凡な分析だと思います。
Posted by 俺 at 2006年08月07日 00:47
亀田選手の試合に感動したという、上村愛子さんのブログが炎上したと報道されていたので見てみました。
見るに耐えない誹謗中傷のコメントが数多くありました。
確かに試合に関しては「亀田選手の勝利?そうは思わない」と感じましたが、亀田選手が12ラウンド、階級の違う相手と戦い切ったという事実は素直に「亀田、口だけじゃないな」と思いました。
上村愛子さんはボクシングの判定基準を知らなかった、それでも亀田親子の戦う姿勢、闘志には感動した。言いたかったと思うのはその事のみで、八百長どうのや、試合内容を全面肯定した発言はしていなかったと思います。
有名人という立場として考えれば、確かに影響力というものを意識した発言をしなければならないと思います。しかし、少なくとも本人の感想に対して、ただ否定し、「アスリートなんだから」と相手に自分のイメージを押し付けるのは、ちょっと的外れだと思いました。

Posted by なお at 2006年08月11日 14:12
 なおさん、こんばんは。

 有名人ともなると大変ですね。
器が違うのか、私のこの記事に関しての誹謗中傷は1件だけでした。(即刻消しましたが)

 まあ、誰が何を思い、主張するのかは言論の自由ですが、
八百長だとか、証拠もないことで個人の名誉を傷つけたり、
自分の意見を、不当に相手に押し付けるのは絶対に間違っています。

 私がこの件で怒りを覚えているのは、
亀田選手や判定がどうのこうのというよりも、
記事のタイトルの通り、日本人の人間力の未熟さにあります。

 上村愛子さんが、何を書こうが、それがいかに少数派の意見であっても、
素直に他人の意見を受け入れ、吸収する度量が必要です。

 ブログの普及により、自分と違う多くの他人の意見を目にする機会が増え、
他人の意見というものを、うまくさばけない人間が多いということが改めて分かりました。

 情報リテラシーの教育強化が急務ですね。
顔の見えないところで、徒党を組んで個人を攻撃するなんてナンセンスです。
Posted by 俺 at 2006年08月12日 00:36
亀田絡みのコメントにはもっともだなと思いましたが、チョンやシナという言葉を使っていたのには失望しました。せっかくいい事言ってるのにもったいないですよ。
Posted by 徳田新之助 at 2006年09月28日 23:03
 徳田新之助さん、こんばんは。

 それに関しては、否定もしませんし、弁解もしません。
そういうものもひっくるめて、私という人間です。

 それを見た者が、どういうことを思うのか?
どういう反応をするのか?
全てをひっくるめて、このコミュニティがあるので、
ここは、そういう場だということでご了解ください。
Posted by 俺 at 2006年09月28日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※内容をよく確認してからトラックバックをお願いします。
※特定のキーワードが含まれているだけの、関連のないトラックバックは承認しません。
※宣伝・営業目的、アフィリエイトが目立つブログからのトラックバックは承認しません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。