2006年12月21日

ゴミどもは、いつだって他人批判しかしない

 ゴミどもを完全否定するために、亀田戦を録画しておいたよ。
前回の試合は見なかったから、4ヶ月前の記事でゴミどもを十分に否定できなかったけど、
今回はしっかりと試合を見て、分析の元、意見してやろうと思ったからな。

 他人を批判するっていうのは、しっかりとした根拠、情報の分析、客観性が最も大切。
この中で一つでも欠けていたら、それは単なる誹謗、中傷、いちゃもんでしかない。
無論、そんなものに何も正当性はないし、まともな人間は耳を傾けない。

 こうやって外堀を埋めて、ゴミどもを完全否定するのが、賢い人のたしなみ。

 まあ、試合は判定だったけど、完全な亀田興毅の勝利だな。
前回はゴミどもだけでなく、元王者、プロからも判定に批判があったが、
今回は、元王者等からの判定に関する批判は一切ないからな。

 元王者やプロもバカじゃないから、認める部分は素直に認めるよ。
まあそれが正しい人間の正常な反応だし、ごく普通の人間の対応。
亀田個人が嫌いだからって、それが試合内容まで批判する理由にはならない。
嫌いなら嫌いで、試合を見ないか、悔しがりながら黙っていればいいだけの話。

 それを、顔の見えないネット上で偉そうにほざいてるゴミが、相変わらず多いな。
八百長だの、対戦相手に金が渡っているとか、ジャッジを買収してるとか、
バカの一つ覚えのように、根拠のないしょっぱいストーリーを練り上げてる。

 そのしょっぱい奴らの中には、ちょっとボクシングかじっただけのようなザコが、
亀田なんかたいしたことないとか偉そうにほざいているのもみるが、
ザコがプロフェッショナルを語るな。

 草野球しかやったことがない奴が、イチローたいしたことねぇとか言ってるのと同じ。
悔しかったら、同じくらいの高みに上ってからほざけ。

 まあ、こいつらゴミどもには色々言いたいことがあるが、一番言いたいのはこれだね。

 死ね。

 俺は亀田ファンでも何でもないし、奴を個人的な感情で肯定も否定もしないが、
何が一番頭に来るかって、ガタガタと理不尽な文句ばかり言う奴らがむかつく。

 とりあえず、死ね。

 どこをどう評価しても、こいつらゴミどもより遥かに亀田興毅の方が人間的に優れている。
彼のボクサーとしてのパフォーマンスに本気で釣られ、アホみたいに誹謗・中傷し、
人の本質も判断できないような奴らが、腐るほど多いことがよく分かったよ。

 今の時代、家族のため、親のために一生懸命頑張れる奴なんて、ほとんどいないよ。
ましてや、大舞台で親父のために泣けるってことは、本当に親父が大切な証拠。
そして子供のためなら、自らが悪役になることもいとわない親父も、素晴らしいと思う。

 親父も、やくみつると討論して、随分印象悪くしたけど、
向こうの方がああいった場は慣れているし、ディベートもうまい。
やくみつるに挑発されて、感情的になって話をするのも無理もない。
何故、親父があそこまで怒ったのか?その理由を考えれば、
子供がそれほど大切、守ってやりたいという心情を察するのは容易だ。

 そんなことも分からんゴミどもが、親父と興毅をセットにして、
顔の見えないネットで、よってたかって誹謗・中傷し、笑いものにする。
こんなことをネタにしなければならんほど、お前らの人生は暇なのかと問いたい。

 まぁこんな事書いても、ゴミどもは、どうせ全てはやらせだろとか、
くだらん理由付けて、自分が気に入らない奴は、絶対に認めようとしないからな。
いくらてめぇ自体が、取るに足らん存在で、誰にも認められたことがないからといって、
他人まで信じないなんて、まさに最低のゴミみたいな存在だな。

 まあ、死ね。

 で、バカな奴らは、同年代の斎藤佑樹と比較して、こっちは謙虚で素晴らしいとか、
おかしな比較して、満足してるゴミも多いよな。
そもそも比較対照にもならんし、どっちも素晴らしい選手であることは明白だ。

 っていうか、スポーツ選手全員が斎藤佑樹みたいなキャラだったら、怖すぎるわ。
人にはそれぞれアイデンティティーが存在し、個性が違うのは当然だ。
ましてや、やってるスポーツも違うし、雰囲気や業界の常識だって異なる。

 俺から言わせれば、歴代のチャンピオンだって、生意気な奴がほとんどだった。
別にでかい態度は、亀田だけ特別ではない。
ボクサーなんて、言っちゃなんだがヤンキー出身の奴が多く、
本当に性格が悪い奴も多いと思うが、亀田興毅は小さい頃からボクシング一筋だからな。

 そういった中で、自分のキャラ作りとパフォーマンスを意識し、
自己プロデュースに勤めているのだから、相当頑張っていると思うよ。
頑張っている人を、理不尽な批判をするのは、見苦しいから止めてほしいね。

 まあ、ここまで亀田興毅を悪役にしたのは、テレビ局の影響もあるな。
あまりにも亀田興毅にべったりになりすぎて、金儲けに走りすぎたから、
それが、亀田本人を批判する要因になってしまっている。

 様々な要因があるし、亀田興毅も勘違いされやすい性格ではあるが、
批判している奴らは、『嫌いな奴を認める』度量も備えてほしい。
男が男を認める、女が男を認める、そういった器量が著しく欠けていると思う。

 嫌いなことと、認めることは別の次元の話。
亀田興毅が嫌いなことは結構だが、素直に彼の頑張り、努力、ボクシングへの情熱、
親や家族への想い、認めるところは素直に認めよう。

 自分へは甘いくせに、他人に対しては高いハードルを設けるのは、いいかげん止めろ。
それが止められない限り、ゴミはいつまでたってもゴミだな。
一生、成功者に対して、ひがみながら生きてろ。
この記事へのコメント
俺さん、こんにちは。
自分も試合を見ました。
1回の試合では、亀田を中傷する声は消えないでしょうね。
逆に、KOできなかったからナニと言う人も現れてきましたし。どちらかというと、前の大毅よりも自分は面白かったです。
よくよく考えたら、ボクシングがここまで注目を浴びて、そして自分がその試合の動向が気になっている事、いずれも初めての経験なんですよね。
やはり亀田は只者ではないと思いました。
これからも、非難は浴びると思いますが、自分は亀田親子をこれからも応援していきたいですね。
Posted by なお at 2006年12月25日 12:14
 かなり痛そうなので試合中の映像は見ないですが。もし画面で見せる行動だけが彼のすべてならば、親父さんは別として他のスタッフは誰もついてこないでしょうね。テレビはある一面しか映せないですから、世間に出ない彼の面はたくさんあるはずです。それに、凄く痛そうなボクシングに死力を注ぎ込む姿勢だけでも尊敬しています。

 お金ばかりに走りがちなスポーツ界(特に野球)で、テレビでのパフォーマンスをあれほど魅せてくれる人は中々いないと思います。そこまで分かっていてもあのパフォーマンスを好きになれないのは私の性分でしょうけど(^_^;)

 もし彼と出会えるのであれば、その出会い方によって全く違う関係になりそうですね。興味深いです。
Posted by ぽいさん at 2006年12月25日 21:56
なおさんへ:
 なおさん、おはようございます。

 毎回毎回KOできるほど、格闘技は甘くないんですけど、
亀田興毅が嫌いな人が、批判材料を無理やり引っ張ってきて、
貶しているだけのような感じですね。

 今回の彼のアウトボクシングは、技術的な評価を上げたと思います。
ランダエタに何もさせませんでしたし、一発だけではないという証明になったと思います。

 彼を理不尽に批判する人も多いですが、
なおさんのように、理解してくれる人も多いので、
彼には、これからも頑張ってほしいところですね。


ぽいさんさんへ:
 ぽいさんさん、おはようございます。

 私も正直、彼のパフォーマンスは好きではありませんし、
仮に彼のような人が身近にいても、友達になりたいとは思いません。

 ただ、それは個人的な好みの問題であり、
それが理由で理不尽な中傷・批判をする道理はありませんし、
認める部分は素直に認めてあげるのが、正しい人としての対応だと思います。

 プロにとって、自己プロデュースは重要なファクターで、
そのキャラクターに関して好き嫌いが分かれるのは当然としても、
キャラクターがそのまま、彼の人格、人間性に直結し、
キャラクターが悪だから、彼そのものも悪ではないということですね。

 そういったことを理解している、多くのスタッフや周囲の人は、
彼を応援し、サポートしているのだと思います。
Posted by 俺 at 2006年12月26日 07:45
俺さん、こんにちは。

試合も見ていない上、他人様の人生をマンガで揶揄するのは不謹慎ですが、
「読み切りで好評を博した作品が、いざ連載化してみると低迷状態になる」
という妄想が浮かんでしまいました。

###
構成力:8
デザイン:7

斬新なパフォーマンスはマニア以外の一般人(女性)に受けたが、
編集(TBS)の無能により、演出過多で要のストーリーが陳腐化し、
技術的には十分な実力があるのに読者が置き去り状態になった。
ついには批判への対応もうまく噛み合わないスパイラルに陥る。

今回の新展開(防御技UPと大差勝利)で人気巻き返し成るか?
我が道を行くボクシング一筋な彼に期待したい。いい意味で…
###

ジャンプの記事をパクったみたいで申し訳ありません。
とりあえず、氏んできます。

|墓|  λ.....トボトボ

実際、「史上最速の臆病者(チキン)、ゼロKOチャンピオン!」てコピーの
ボクシングコミックがあるんですよ。青年誌の読み切りで見た記憶があります。
Posted by Koba at 2006年12月26日 15:08
 Kobaさん、おはようございます。

 そうですね、彼のパフォーマンスは漫画やゲームと通ずる部分がありますね。
常識の枠をはみ出て、派手な言動をする主人公の方が、漫画では支持されます。
自らが動いて注目を集め、お金を稼ぐのがプロです。

 サラリーマンのように、会社に給料が保証されているわけではない。
漫画家もボクサーも業種は違いますが、プロとして、目指す方向は一緒だと思います。

 ゼロKOチャンピオンっていうボクシング漫画は面白そうですね。
ジャンプでも、小さい頃からいじめられつづけてきて、パシリをやらされ、
めちゃくちゃ足が速くなって、アメフトで大活躍する漫画がありますが、
(実世界では気弱ないじめられっ子だが、アメフトの世界ではヒーロー)
それと似たようなノリの漫画なのかもしれませんね。
Posted by 俺 at 2006年12月28日 07:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※内容をよく確認してからトラックバックをお願いします。
※特定のキーワードが含まれているだけの、関連のないトラックバックは承認しません。
※宣伝・営業目的、アフィリエイトが目立つブログからのトラックバックは承認しません。

この記事へのトラックバック

亀田興毅 八百長とか買収とか批判ばっかりヒドイヨ!
Excerpt: みんな、八百長とか買収とか批判ばっかり言ってて、 信じられません! あたしは興毅クンに超はげまされたし、 はげまされた人いっぱいいると思う 前まではボクシングとかよくわからなかったけど..
Weblog: 亀田三兄弟、亀田興毅、亀田大毅を応援するブログ
Tracked: 2006-12-30 04:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。