2007年03月15日

左翼の典型的な特徴

 俺様は左翼(左巻きな奴ら)が大嫌いです。
で、左翼って何?っていう人も多いと思うので、
ここで簡単に、左翼についてのお勉強をしましょう。

 基本的に左翼は、(政党でいうと、社民党や共産党に該当)

・どんな理由であれ戦争反対。
(正当防衛のための自衛隊もいらないとぬかす)

・社会主義、共産主義が大好き。従って中国や北朝鮮が大好き。
(北朝鮮の拉致や核問題を公然と批判しないし、中国の軍拡も批判しない。
ただし、アメリカの核や戦争に関しては猛烈に批判する。
中国もチベットでの大虐殺とか、かなり酷い事してるのにね。)

1.どんなネタであれ、社会主義の敵であるアメリカを批判。
(アメリカの恩恵を受けている日本で生きていて、文句を言うこと自体が疑問だが…。
文句があるなら国を出て行けと言いたい。そこまでやっての主義・主張だろ?)

2.反対に日本(政府)が大嫌い。先の戦争においても、100%日本が悪いとほざく。
(従軍慰安婦や南京虐殺等、事実と歪曲した内容をたいした検証もせず、
相手が言うことを100%鵜呑みにして、日本や政府を批判する。
中国や朝鮮が偽装国家だということ認識が、世界の常識だというのに、
彼らの証言に関しては疑おうとせず、驚くほど素直に信じ込む。)

3.金持ちが嫌い。
(一生懸命働いて、自分の力で成功した人間でさえ批判する)

4.弱い者、庶民の味方だと奇麗事をほざく。
(それを宣伝文句にして金を巻き上げ、左翼の権力者はぬくぬくと暮らしている)

5.自分達の主張を批判する者を、まとめて『右翼』と呼称し、
非常に失礼な態度で接してくる。
(主義・主張が違っていても、相手の人間性を認める必要があると思うのだが、
人を見下したり、小ばかにしたり、汚いものを見るような態度で接する)

 …まあ、一種の宗教ですな。
理屈や論理性は一切無視し、頑なに社会主義を妄信する。
良い宗教ならまだいいのですが、完全にカルトだもんな…。

 まあ俺が一番納得できないのは、上記で挙げた5番なんだよな。
主義主張は人それぞれだから仕方ないとしても、5番の態度は人として最低だろ?

 今話題の従軍慰安婦の問題とか、『強制連行はなかった』と主張しようものなら、
『はい、お前、右翼決定〜。』みたいなノリで、批判してくるからな。

 そもそも、本来の右翼の意味は違うだろ?
少しでも、先の戦争において日本を認めるような発言をしようものなら、
考えもせずに、全てにおいて全力で否定する行為がそもそもおかしい。

 彼らがいう『右翼』な人々の発言の中には、中立的な見解で、
非常に論理的で、証拠も揃った、納得できる主張もあるんだよね。

 まあ俺様は基本的に、従軍慰安婦の強制連行は『なかった』、
南京『大』虐殺も『なかった』、
(少なくても中国が主張する数万〜数百万単位の虐殺はありえない)
と認識しているが、それも中立的な材料を集めて判断した結果だ。

 だが左翼は、自分達で中立的な材料を集めて検証せず、
基本的に『現地の人達がやられたって言うからあったのだろう』だもんな。
1つ教えておいてやろう、基本的に人は嘘をつくし、事実を歪曲して説明するし、
ましてや恨みを持つ者は、あることないこと全てまとめて、ストーリーを作る。

 裁判でも、原告、被告の意見を聞くし、中立的な意見も重要だし、
結論を出すのには、物的証拠、状況証拠が絶対に必要だ。

 それを省略して『敗戦国である日本が全て悪いです』となり、
今に至ったのだが、(東京裁判が公平性にかけていたのは公然の事実)
今まで教科書で強制的に覚えさせられていた事象が、実はたいした実証もされずに、
『あった』ものとして覚えさせられている事が結構あるんだよね。

 こんな事書くと、俺様は確実に左翼の皆様に『右翼だ』と認識させられた事でしょうが、
まあ俺様は、右翼だの左翼だの、くだらんカテゴリーに属するつもりはないから、
『勝手に言ってろザコが』って感じだね。

 俺が信じるのは、誰かから一方的に教えられた事実ではなく、
信ずるに足る証拠や情報を元に、自分の考えで導かれた末の事実だけだ。
左翼のように、『とにかくあったものはあった』で片付けるつもりはない。

 こんな事書いてると、左翼な奴らにくだらんコメント書かれそうでうざいんだよね。
彼らがいう『右翼』な人達が、自分で色々なところから情報を集め、
先の戦争に関して『こういう事は、実はなかった』と書こうものなら、
非常に失礼な態度で、左翼にコメント書かれている場面を見たことあるが、
主義・主張の前に、人としての常識やマナーを学べと言いたいね。

 挨拶や丁寧語、相手の人格や人間性も認めてあげる、
そういった下地があって、初めてコミュニケーションが取れる。
そういったものをすっ飛ばして、自分達と主義・主張が違う者を人として認めず、
ただ猪突猛進で批判する行為が、左翼の典型的な態度なんだよね。

 非常に関わりたくない人種だね。

 お分かりになりましたか?
これが左翼という人種の特徴です。

 全ての物事に関していえるが、やっぱ中立性と柔軟性が非常に重要だよ。
一方的で固執しすぎの主観的な主張に関しては、あまり感心できない。
これでは、他人を納得させたり同調させるのは難しい。
ましてや、常識やマナーが伴っていないとなると絶望的だな。
この記事へのコメント
なるほど、よく分かりました。

やはりこのブログにも即削除されるようなコメントが書かれることはあるのでしょうか?一度も見かけたことがないので何時か見つけるのが密かな(言ってしまいましたが笑)楽しみです。
Posted by ぽいさん at 2007年03月17日 21:47
 ぽいさんさん、こんばんは。

 削除されるようなコメント…、過去何度もありました。(笑)
私の基本的な削除基準は、マナーを守らない非常識なコメントのみです。

 批判コメントは大歓迎なのですが、常識の伴わない人は、議論する以前に問題があり、
このブログを見ている人たち全てを不快にする可能性があるので、
コミュニティの秩序を守る意味でも、相手にしないで即刻削除するようにしています…。

 …とか書きながら、そういった人を釣る意味で、
わざと煽るような記事も、何度も書いていますが。(笑)

 そして、ぽいさんさんのような人に、密かな楽しみを提供するようにしていたりします。(笑)
Posted by 俺 at 2007年03月18日 01:24
左翼とは少し話しがずれてるかもしれませんが、前に友達から「右翼の街宣車は、実は右翼のイメージを悪くするために在日朝鮮人が走らせてる」って聞いたことがあります。

それが事実かはわからないですが極右も極左も胡散臭いし、どちらにも影響されない自分の考えを持てるようになりたいですね。
Posted by 源三郎 at 2007年03月18日 12:05
俺さん、こんばんは。
従軍慰安婦問題で、韓国が騒ぐのはもう仕方ないですけど、日本国内で持ち出して、首相発言どうのこうのに焦点が当てられるのは、どうなのかなって思いますね。
個人的に仲は悪くはないと思っていた台湾も、否定的な態度をとっていると聞きましたし、間接的に北朝鮮有利&拉致問題棚上げに近づくのは勘弁して欲しいなーって思います。
Posted by なお at 2007年03月18日 18:08
源三郎さんへ:
 源三郎さん、こんばんは。

 何に関してもいえますが、極端な方向性の思考を持つと、
行動もおかしくなりますし、周りから支持されなくなりますからね。

 私も中立的な見地で、誰の意見にも左右されないで判断しているのですが、
左翼な人たちに、勝手に右翼なカテゴリーに分類されるのには苦笑します。

 それが正しいと思えば、左翼の方の主張にも同意するのですが、
残念ながら、彼らの主義・主張は、正直強引過ぎて辟易しますね…。


なおさんへ:
 なおさん、こんばんは。

 日本は同じことを繰り返してばかりいますね。
面倒な問題をしっかり議論もしないで、先送りしてばかりなので、
事ある毎に、一部の国からいちゃもんをつけられるんですよね…。

 あったことはあった、なかったことはなかったと言える国になってほしいものです。
あの頃(小泉さん)の時代が、非常に懐かしく感じます…。
Posted by 俺 at 2007年03月19日 00:02
まさにシスプリ信者やロリ萌え信者にそっくり該当するな。左翼の奴は左翼同士でなれ合ってそれ以外はそく排除しようとするからな。あと公●党も中道と名乗っているが、実質的に極左だ。考え方が売国に徹しているからな。最悪だ左翼。
Posted by ソロモン王 at 2014年08月05日 03:52
違うな。間違っている。本来の左翼の意味はぜんぜん違う。
確かに今の日本のいわゆる左翼はそんな感じだけど、本来の左翼は、保守勢力に対する革新勢力のことだ。
従い、たとえば今まさに平和憲法を守れといっているアホは実は保守(右翼)で、改憲勢力の総理は実は左翼なのだよ。
Posted by unti at 2016年08月10日 17:07
文句があるなら日本から出て行けって、それはちょっとおかしくないですか?
意見が合わない者同士が共生できる場所とシステムを提供するのが、国家と社会と制度の役割だと思うのですが。
Posted by かさ at 2016年09月23日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※内容をよく確認してからトラックバックをお願いします。
※特定のキーワードが含まれているだけの、関連のないトラックバックは承認しません。
※宣伝・営業目的、アフィリエイトが目立つブログからのトラックバックは承認しません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。