2007年10月04日

何故に理系にはオタクと偏屈者が多いのか?

 ふと、学生自体のエピソードを思い出した。

 俺様が通っていた大学は理系だったのだが、
理系といえばオタクとセットみたいなイメージが世間にはあるだろう。
事実、今の職場(IT関連)にもオタク系がわんさかいるからな。

 アニメオタクやら、アイドルオタクやら、いるわいるわ。
ディスクにグッズを置いて、『萌え〜』とか言ってるデブもいるくらいだからな。
何故に理系は文系よりも、オタクの出現率が高いんだろう?
誰か研究して、俺様が分かりやすいように2文字以内でまとめろ。

 まあそのオタクどもがわんさかいる大学だが、ある日、
俺の友達が笑いをこらえて俺に話しかけてきた。
ちなみに俺のグループは、そういったオタクどもを軽蔑する反主流派だった。

 その友達の話では、廊下に当時有名な女優のポスターが張ってあった。
で、それを見てオタクどもが『コイツ誰だよ』的な発言をしていたらしい。
ちなみにその女優は、別に女優マニアでなくても、
普通に暮らしていれば必ずどこかで目にしたり、耳に聞こえてくるほどの有名な人だった。

 まあオタクどもにとっては、そういった一般常識よりも、
アニメや美少女ゲームがどうとかの方が、遥かに重要なようだ。
で、その話を聞いて、俺も大爆笑したわけだ。

 「こいつら、そんな事も知らねぇのか。」
わざと周りに聞こえるように、みんなで大爆笑した。

 その俺様の発言を、近くで聞いていた奴がいたんだよね。
さっきも説明したとおり、俺のグループというか、特に俺様は、
反主流派のリーダー的存在だったから、学内でもかなり敵が多かった。
(学生時代から、なんら俺様の士道に変わりはない)

 で、その発言を聞いていた、今まで一度も話したこともないザコが、
「え、なになに?俺もその人知らないけど、何か?」(単独)
みたいに、明らかに俺様に喧嘩を売ってきたんだよね。

 『なんだコイツ?』
と、そこにいた俺様のグループ全員が思ったに違いない。
その辺にいる、レベルの低いガッついた奴であれば、
「なんだお前?喧嘩売ってんのか?」
とか、ありふれた言葉で返すんだろうけど、俺様は違ったね。

 『ところで昨日の授業で出たレポートって、いつまでに提出だっけ?』(完全無視)
と、そいつの存在、発言全て無視して話題を転じたね。
そいつはしばらく呆然として、何食わぬ顔で去っていった。

 あの一瞬で、ものすごいナチュラルな、何気ない日常会話。
そいつの存在は初めからないものとして、普通に周りと会話を続ける。
俺くらいIQが高くないと、この最適な切り替えはできなかっただろう。

 こういう偏屈のバカは、相手にするだけ時間の無駄だからな。
俺様が普段から行っている、オタクどもに対するテロ行為に対する、
一種の反発、抵抗なんだろうけど、俺は別にアルカイダと違って、
相手の反応を見たくてやっているわけじゃないからな。

 ゴミを嘲り笑っているだけに過ぎない。
ゴミは所詮ゴミであって、ゴミ以上でも以上でもなく、ゴミ以外何物でもないわけだからな。

 ゴミに対して、話しかけたら変な人になっちゃうでしょ。
だから俺様は、その辺に落ちているゴミを相手にしなかっただけに過ぎない。
俺様が取った行為は、別段珍しくも何ともない行為と言えるだろう。

 …と、このように、非常に理系にはオタクやら偏屈者が多かったね。
顔もひしゃげたラグビーボールみたいな奴が多かったし。(笑)

 俺様のようにバランスの取れた、オールマイティーな理系はごく少数といえるだろう。
確かに俺様より頭の良い奴はいたけど、必ずどこかが欠落してた奴が多かったね。
実は一芸というか一部分だけ特化するのって、思ったより簡単なんだよね。

 ある3つの能力があってそれを数値化するとして、10・100・10になるのは簡単なんだよ。
それよりも、80・80・80みたいに、全てにおいて高得点の方が、
俺様は価値があると判断する。
(合計値が高いから良いとか、そういう時限の話ではなく)

 だから俺様は一芸よりも、あらゆる分野で高い見識を備えた人間を目指しているわけだ。

 その対極の人種が正にオタクや偏屈者の類だったりして、
こういう奴等を見ると、有無を言わさずシャイニングウイザードをぶち込みたくなってくる。

 世間に喧嘩を売りながら、自らを高めていく。
俺様が目指す究極の『孤高』の道は、果てしなく遠い。
posted by 俺 at 23:59 | Comment(8) | TrackBack(0) | 人生論
この記事へのコメント
世間が何に注目してるかは、知らないよりは知っておきたいところです。
一般常識が無しの、一つの分野のみ饒舌な人って、ありふれた話題を振られると、途端に口ごもってしまう場面をよく見かけます。傍から見ていると、そういう人の「弱さ」を見てしまった時、共通なはずの話題がないっていうのもマズイなと感じます。
弱点は作りたくないですね。今のところ自信満々に語れるのは、格闘技と野球くらいなので、夜ぐらいは意識的にニュースを見るようにしてます。
政治に詳しい、俺。
今のところ、まるで想像できない。(笑)
Posted by なお at 2007年10月07日 00:58
 私はオタクにひしゃげたラグビーボールが多いってことの方がかなり謎です(笑)精神が歪んでいる証拠ですかね。
 
 一分野に特化していればそれだけで人格者かのように扱う最近のメディアは気持ち悪いですね。番組によく出ていた専門家やコメンテイターが何か問題を起こすと、手のひらを返したようにマスコミがその人を糾弾するのはあまりにも滑稽です。何かが変な時代、気をつけていないとあっという間にテレビに洗脳されそうで怖いです。
Posted by ぽいさん at 2007年10月07日 01:39
なおさんへ:
 なおさん、こんにちは。

 最近ではよく、学者だとか大学教授がバラエティ番組に出ていますが、
共演者から何気ない話題を振られると『知らない』とか『分からない』が多いですね。
ノリが悪いし、自分の得意分野以外は興味なしといった感じです。

 まあそれで成功して、生活していければ問題ないとは思うのですが、
残念ながら、全員が全員そういった姿勢で生きていけるわけではないですからね。
知識の裾野は絶対に広げておいた方がよいと思います。

 ニュース番組も勿論いいとは思うのですが、私がお勧めするのは、
ポータルサイト(Yahoo!等)が配信しているニュース記事ですね。
あれはニュースの表層的な情報しか掲載していませんが、
非情にバラエティに富んだ、幅広いジャンルの記事を配信します。

 とりあえず一通り目を通して、自分が興味のある分野に関しては、
検索や関連サイトを調べてチェックする…、これを習慣にすると、
かなり知識が豊富な人間になれると思います。

 これは興味がない、嫌だ、というタブーを作らないことが重要ですね。


ぽいさんさんへ:
 ぽいさんさん、こんにちは。

 確かに、ひしゃげたラグビーボールが多いのは謎ですが、実際に多いですからね。(笑)
おそらく脳みその片一方だけが重くて、頭の比重が左右で大きく違い、
片一方だけが歪んできたんでしょうね…。

 ちなみにラグビーボールが全体の7割なのですが、
残り3割が大体、顔面どてかぼちゃですね。(体格も土手かぼちゃのパターンあり)

 マスコミやメディアは、信念みたいなものが皆無ですからね。
特に日本のメディアは酷い有様です。
経営層に問題があるとは思うのですが、
所詮はメディアも企業であって、利益重視なのが問題なのだと思います。

 本当に才能豊かな人は、一分野だけに特化しているということはないですからね。

 例えばイチローは、一見野球だけがすごいように見えますが、
役者としてもパーフェクトですし、何より人格者ですからね。(好き嫌いは別として)
才能ある人は、必ずそれを支える土台、その他の分野の成長も疎かにしていません。

 何か1つだけが100点ではなく、幅広い分野で80点を取ることの方が、
実は非常に難しいですし、価値のあることだと思います。
Posted by 俺 at 2007年10月07日 17:36
こんばんは俺さん。

私は文系学部(法学部)でしたが、サークルなどの理系の知人や先輩・後輩を見ていて思ったのは、文系に比べて存外トップとびりの差が少ないな、ということです。
文系の場合は、トップクラスは確かにすごいのですが、びりのほうはというと、これまた何を考えているのやら・・・という御仁が。
しかし、俺さんご指摘のような、ある部分に特化という人物は、文系には確かに少ないです。そのような人物が文系にいるとするなら、やはりトップの層、難関の資格試験(司法試験など)に挑もうかという人物に多いのではという気がします。幸い私の周りには、そんな変な御仁はいませんでしたけど、とあるその筋の予備校に勤めていた先輩から、さまざまな話を聞かされました。

それはともあれ、理系で、「オタク」的な、ある点に特化する人物が多く出るのは、やはり文系に比べてびりの層が少ない、というか、存在できないことに原因があるように思います。
もっとも文系のびり層は、平均80点どころか・・・という状況なのが辛いところです。じゃあトップ層はというと、これまたある意味理系以上に偏屈になる余地があるので・・・・

やっぱ、平均80以上って、どう転んでもむずかしいですわ。
Posted by やくも少年 at 2007年10月07日 22:11
 やくも少年さん、こんばんは。

 確かに、学業の成績で見るなら、平均的な人たちが多いかもしれません。
おそらく理由としては、基本的に理系の科目は、
問題の説き方や法則が決まっていて、それさえマスターしてしまえば、
大抵の問題は誰でも解決できてしまうからですね。
論理的といえば、聞こえはいいですが…。

 文系にも偏屈で常識的でない、変な人は存在するということですね…。

 司法試験で思い出したのですが、裁判官は以外にも、
一般的な常識、知識に関しては欠落している場合が多いようですね。
ある人の話では、学生時代勉強ばかりして、社会人になってからも仕事に忙殺されて、
世間一般の常識や知識も身に付けられないようです。

 そんな人達が人を裁いているのですから、非常に怖い面もあります。

 平均80…というのは、あくまでテストの点数での例え話なので、
広い分野で知識を蓄えた方が豊かに暮らせますよ、という私からの勧めですね。
人間的にも、そちらの方が魅力的な人間になれると思います。
Posted by 俺 at 2007年10月08日 00:55
再びこんにちは。

予備校でアンチョコなテキストで勉強して、司法試験に合格して、若くして裁判官になりました。そんな人に死刑といわれて、あなた、死ねますか?

そんな冗談のような(ではすまないけど)記述を、ある本で見かけたことがあります。

ちなみに、司法試験予備校で講師をされていた他大学出身の弁護士の先輩の話では、試験の合格発表(特に一番の山場の論文試験)の日には、予備校に無言電話が頻発したり、「お前らのせいで・・・」と何度もしつこく電話をかけてくる御仁が出たり、大変だそうです。それ以外にも、不合格になった受験生が、講師室の講座担当講師(弁護士)に殴りかかったり・・・・
そこまで行かずとも、社会人として・・・と思われる御仁のエピソードには事欠きません。
もちろん、まじめに勉強し続けている受験生もたくさんいますので、念のため(苦笑)。

話は変わりますが、ご指摘の「80点」の意味は、もちろん私も承知しています。

別のたとえをするなら、現在のJR各社の車両ではなく(ある特定の用途にはばっちりはまるが・・・)、旧国鉄の車両のようなもののほうが、さまざまな形で、基本的にどこに行っても活用出来るという点で、優れているというところでしょうか。ついでに言えば、つくりがしっかりしているから、長持ちもする(なおこれには高度成長期の少し前に製造された少なからずの例外は除きます)。
一昔前の特急車(東海道・山陽本線クラスの幹線にしか特急がなかった頃)が、数十年後にはローカル線の普通列車に、などといった形で転用できていたわけです。
今のJRの車両を、同じように転用して長持ちさせられるかというと、正直どうかなあ・・・と思います(特に特急車)。

てなわけで、昔は鉄道趣味といえば子供が多かったのが、いまや、30〜50歳代が中心、その対象には、国鉄時代の車両が無視できないほどの割合を占めています。
私自身、国鉄時代の車両が好きですから・・・・(あくまで趣味の対象としてではありますが)。
Posted by やくも少年 at 2007年10月08日 19:11
 やくも少年さん、こんばんは。

 裁判官の人的な問題も含めて、今の司法制度には色々と問題があると思います。
なので、個人的には陪審員制度は支持しています。
一般人の価値観を取り入れ、裁判官という専門家が最終判断するのは良い事だと思います。

 まあ、平気で人に殴りかかるような人間が、
司法試験に受かろうとしている時点で、おかしな話ですね。
落ちて当然というか、小学校くらいからやり直してきてほしいです。

 車両は人間のように人様に迷惑をかけないので、
どんなマニアックな形や機能を有していても、
用途があるのであればそれでOKだと思いますが、
人間に関しては、さすがにそうはいかないですね。

 俺は才能豊かだから、偏屈であっても当然だ、みたいに、
開き直った人が中にはいますが、真の天才というのは、
自分の偏屈な部分、変人性を隠しますからね。(隠す能力がある)
何故なら、その方が自分にとって生きていく上で有益だと理解しているからです。

 オタクの話から、かなり飛躍した議論になってしまいましたが、
あまり周りを見失うと、若い内はともかく、歳を取ってから苦労をするぞと、
注意をしてあげたい気分です。
Posted by 俺 at 2007年10月09日 02:17
バックトゥザフューチャーが云々カンヌン演説したら、アニメオタクと車オタクとスポーツ(サッカー専門)オタクとスポーツ(野球専門)野球専門とサッカー専門オタクはお互いライバル心がすごい。とヴィジュアル系オタク(腰まである長髪)に、あいつコミュニケーションできないよなって言われた。俺君こそ真のオタクだってよ。
Posted by 俺はSF(洋画専門)のオタク at 2016年07月26日 05:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※内容をよく確認してからトラックバックをお願いします。
※特定のキーワードが含まれているだけの、関連のないトラックバックは承認しません。
※宣伝・営業目的、アフィリエイトが目立つブログからのトラックバックは承認しません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。