2008年05月08日

『シエンタ』のCMがうざい

 以前書いたが、むかつくCM、No1のデコともと同じくらいうっとうしいCMがある。
何を隠そう、トヨタのシエンタのCMだ。
歌が極限レベルでうざい。

 俺的に改造を加えるなら、
マントーヒヒヒヒヒヒヒヒヒッ、
ヒトコブラクダダダダダダダダダックスフン怒怒怒怒怒怒怒怒怒。
怒髪天♪

 といった感じで、ガキをアイアンクローの要領で天高く持ち上げ、
回転を加えながら、頭から地面に思いっきり体重を乗せて叩きつけてやりたいね♪

 体重の軽いガキだからこそできる、俺のオリジナル技だな。
スパイラル・スティール(一方的な搾取)と命名しよう。
技の命名の仕方はハンターハンター風。

 クリムゾン・スパイラル(検索でヒットしたので却下)
 クリムゾン・シャッター(検索でヒットしたので却下)
 クリムゾン・エンド(検索でヒットしたので却下)
posted by 俺 at 23:59 | Comment(7) | TrackBack(0) | 俺様のため息
この記事へのコメント
どうも!
見ながら、ハンターハンターっぽいと思っていたら案の定あっていたので、笑ってしまいました!
うーん、俺様様の性格は、会ったことがないので、分かりませんが、、なんとなく特質系のようが気がします。。。笑
ちなみに、
特質系…個人主義者、カリスマ性あり

どうでしょうか!?当たってますかね、、?
Posted by ぴーまん at 2008年05月09日 00:45
こんばんはです。

あの宣伝で、私が不愉快な思いになるのは、元曲である横浜銀蝿の「尻取りロックンロール」(発表はたしか1980年。メンバーの某人の作詞・作曲)という曲のアレンジであることを、あのCM内で一言も断っていないこと(私の見落としと信じたいけど・・・・・)、さらに、元の曲を、意図的にずらして歌っていること(これは明らか。CMの時間の関係もあるのかもしれませんが)。主として、この2点です。
本来は、あ〜〜〜〜、としばし枕詞的に?叫んだあと、あらいぐま、マントヒヒ、ヒトコブラクダ、ダックスフンド、どうも。
この順番です。
CMでは、ヒトコブラクダのところの節を抜いて、ダックスフンドのところで追いつくというわけでして。

元曲は、言うまでもないでしょうけど、ああいう軽さきわまる母子ではなく、私と違って(多分〜苦笑)、サングラスに革ジャンといういでたちの、いかついおにいさんたちが、どすの聞いた声で(!)歌っています。
実際、横浜銀蝿のLPの中に入っていますから、私は、中学生の頃から何度も聞いています(あ、別に不良だったというわけではありませんので、一応・・・・・苦笑)。

私及びその少し上の、横浜銀蝿を知る世代にしてみれば、なかには懐かしさをもって見る(聞く)人もいるでしょう。
が、私は少なくとも、あのCMでの扱いを見ている限り、元からの横浜銀蝿のファンである自分たちまでがおちょくられているような不快感さえ感じてなりません。
Posted by やくも少年 at 2008年05月09日 01:49
追加情報です。

元曲通りを少年が歌っているバージョンもあるようです。トヨタのHPでは、そのバージョンが紹介されていました。

やはり、元曲は何かという記述は、CM上には読み取れませんでした。もっとも、事前にトヨタ側が横浜銀蝿側に使用許諾は得ているとは思いますが〜〜もし得ていなければ、トヨタはおそらく裁判になると負けるでしょうし、著作権を侵害する会社というレッテルを貼られかねませんから。
Posted by やくも少年 at 2008年05月09日 02:38
こんばんは。

俺様版の歌詞があまりに怒りを表現しきれているので笑いが止まりませんでした。怒髪天♪って(笑)
よっぽどあのCMが嫌いということが分かりました!
俺様記事に出てくるバリエーション溢れる制裁法が大好きです!
Posted by けんたろー at 2008年05月10日 00:46
ぴーまんさんへ:
 ぴーまんさん、こんばんは。

 私の念の系統がバレてしまいましたか…。
確かに、超個人主義者ですが、カリスマ性があるかは微妙ですね。
友達もあまりいませんし、誰かに好かれたり頼られたりすることもないですからね。(笑)

 個人主義者というよりかは、単なる一匹狼といった感じです。


やくも少年さんへ:
 やくも少年さん、こんばんは。

 なるほど、やくも少年さんは別な意味で不快になっていましたか。
原曲があるということは公式サイトを見て知っていましたが、
まさか横浜銀蝿が歌っていたとは…。

 原曲は聞いた事がありませんが(あっても覚えていない)
ファンからすれば、『なめてんのか』といった感じでしょうね…。

 それにしても、車で親子づれが登場するCMは、不快に感じるものが多いですね。
ユースケ・サンタマリアが出ているタントのCMも、同じくらいイラッときます。(笑)


けんたろーさんへ:
 けんたろーさん、こんばんは。

 けんたろーさんのお墨付きがもらえたので、作詞家になれるかもしれないですね。
詩が過激すぎて、歌い手が誰もいないかもしれませんが…。

 まだ世に出していない制裁法が腐るほどあるのですが、
これはさすがにまずいだろうとか、これを世に出しちゃったら捕まっちゃうようなのが、
ほとんどなので、それらを除外すると残り2〜3個になってしまいます。

 平和なブログなので機会はそれほどありませんが、小出しで紹介していこうと思います。
Posted by 俺 at 2008年05月12日 23:18
基本的に子供の下手くそな歌でかわいいアピールするCMは大嫌いなんですが、シエンタのTVCMはちゃんとした大人も一緒に歌ってるんでなんとか聞き流してます。
むしろシエンタのCMはラジオCMの方がウザいです。
Posted by 源三郎 at 2008年05月16日 20:38
 源三郎さん、こんばんは。

 シエンタのラジオ版CMは聞いた事がありませんが、相当うざそうですね。(笑)

 子供のかわいさでアピールし、客を釣るCMはたくさんありますね。
基本的に私は、他人の子供はかわいく感じないタイプなので、
どんなにアピールされても、釣られる事はありませんが…。
Posted by 俺 at 2008年05月17日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※内容をよく確認してからトラックバックをお願いします。
※特定のキーワードが含まれているだけの、関連のないトラックバックは承認しません。
※宣伝・営業目的、アフィリエイトが目立つブログからのトラックバックは承認しません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。