2009年11月28日

2009・週刊少年ジャンプNo.52

−漫画でよくあるパターンを検証する−

 四天王とかなんとか五将軍とか、敵の大将クラスを登場させても、
大抵は全員を有効活用させず、その内の2〜3人はザコ&かませ犬で終わる。

 久しぶりだな、このコーナー…。

 まあ、主にリボーンやブリーチ、それとブリーチとリボーン、後はブリーチが当てはまるが、
とりあえず敵に役職付けて、その中の何匹かが人気出てグッズ売り上げでウハウハ、
という効果を狙うキャラ漫画に多く使われる手法だな。

 ブリーチなんてエスパーダなんて10人も登場させても、
その内まともにストーリーに関わる働きをしているのは数人で、
大半がかませ犬で終わっているし、別に10人でくくる必要性もない。

 リボーンも、真6弔花とか登場させても、その内の2匹は完全なかませで、
真6弔花とただの6弔花の差別化も出来ていない始末。

 で、パターンとして、そのグループの中の半分はザコだったりするのだが、
そいつらがやられると、そのグループの一番上のポジションの奴が、
『所詮、あいつらは我らの中でも最低ランクの力しかなかった』とかほざく。

 同じグループじゃねぇのかよ。(笑)
力の差があるなら、最初から同列みたいに同じ組に属するなといいたい。
(ちょっと前に、リボーンでこういった茶番がありましたね)

 更にパターンとして、そういったグループのザコは色物扱いで、
登場時に大体、そいつらのやれれる順番が見えてくる。
基本、しょっぱい漫画に限って、ブサイクから順に死んでいく。
まあこれは、ブリーチとリボーンの王道パターンだな。

 北斗の拳で南斗五車星みたいな5人組が登場したが、
この中で人気があるのがフドウとジュウザで、フドウに関しては、
見てくれからして、ブリーチやリボーンでは真っ先に死ぬタイプの外見。(デブデカ)

 だがフドウにはしっかりとしたストーリーがあって、散り際も見事だった。
北斗の拳を語るには、なくてはならないキャラで、
ブサイクもイケメンも含めてこの漫画は伝説となり、今に至っているわけだ。

 まあブリーチやリボーンは、今はオタクどもに絶大な支持を得ているが、
連載が終われば直ぐに飽きられ、また代わりの漫画に心変わりされるのがオチ。
所詮は北斗の拳やドラゴンボール、ワンピースと肩を並べることもなく、
歴史に取り残されていく、一般ウケしない信者専用漫画というわけだな。

 こういった小さな設定から、漫画というのは大きな差が出てくるのだ。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年11月21日

2009・週刊少年ジャンプNo.51


週刊少年ジャンプ・作品評価
わじマニア
作品名:わっしょい!わじマニア

シナリオ:9
デザイン:1
構成力:8
世界観:2

※シナリオとデザイン、構成力と世界観は一対。
合計で必ず10になります。
※数値が高い方が優れているというわけではなく、
特色が強いということです。


 今号でわっしょい!わじマニアが終了しましたので、評価しておきます。

 この作者の読切は、休載漫画の代原で掲載されていました。
その作品も決して読者から支持されるような中身ではなく、実績はないはずですが、
何故か連載デビューにいたるという、ギャグ漫画ではよくある不可解な出世の典型でした。

 ギャグ漫画だと破天荒な世界観のパターンが多いですが、この漫画はいたって普通で、
学校、クイズ番組、プロレス等の日常にシュールなギャグを織り交ぜる展開でした。
読者には地味な印象を与え、ギャグ一本で勝負しなければならない不利な土俵でした。

 そのシュールなギャグを散りばめるために、様々な展開の工夫がされ、
漫画の構成もよく考えられた作りになっていました。
毎回違うキャラ、設定で作者は苦労していたと思います。

 ギャグ漫画は絵でインパクトを取りやすいですが、見た目の印象はほぼゼロでした。
読者の目を引き付ける効果もなく、キャラも地味なものばかりでしたので、
連載の回を追うごとのファンを増やす効果は、限りなく無に等しかったです。

 ギャグ漫画とはいえ、ある程度のストーリーは考えなくてなりませんが、
前回からの続き、という設定が使えないため、毎回よくストーリーを考えていました。
少ないページ数でよく表現していましたが、それが不利に働いていた点も否めません。

 4コマならいざ知らず、新人が毎週ショートショートを考えなくてはならないのは、
かなり大変だったと思いますが、面白い回があっても、次回は全く違う設定なので、
固定ファンも付き難く、ギャグも荒かったのでなかなか支持も得られ難かったと思います。

 まだまだ、独りよがりのギャグが目立ちますので、もう少し修行して、
万人を笑わせられる独自のギャグ漫画が描けるようになることを期待します。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年11月13日

2009・週刊少年ジャンプNo.50


週刊少年ジャンプ・作品評価
鍵人
作品名:鍵人-カギジン-

シナリオ:5
デザイン:5
構成力:1
世界観:9

※シナリオとデザイン、構成力と世界観は一対。
合計で必ず10になります。
※数値が高い方が優れているというわけではなく、
特色が強いということです。


 今号で鍵人が終了しましたので、評価しておきます。

 こちらも読切なく連載にいたった、ぶっつけ本番パターン。
前作は読切である程度評価があり、連載にこぎつけましたが、見事にコケました。
今回は読切は当てにならないと判断し、ぶっつけ本番できたのかもしれません。

 世界観はファンタジーで、荒廃した世界で砂漠をサルベージする展開から始まり、
他の漫画ともうまく差別化ができた、ワクワクする世界観が構築できていました。
良くも悪くも、この漫画はこの世界観だけが唯一の注目ポイントでした。

 構成ですが、その世界観を捨て、単純な能力者同士のバトル展開になってしまいました。
荒廃した世界で、主人公たち孤児グループがどう生き抜いていくのか?
サルベージというワクワク設定を冒頭で捨て、単純バトルに走った点は残念でなりません。

 作者は絵もうまいはずなのですが、連載がきついのか、手抜きシーンが多かったです。
キャラクターの顔が潰れていたり、手抜きっぽい描き方をしていましたが、
せめて絵で評価されなければ、この漫画が生き残るのは非常に難しいでしょう。

 ストーリー的には何も見るべき点がなく、鍵人の謎も最後になって詰めてきましたが、
唐突過ぎる&描写不足で、読者を食いつかせるだけの展開も描けていませんでした。
サルベージしていれば様々なストーリー展開もできたはずですが、それを捨てて、
即効で旅に出た時点で、この漫画の運命は決まったといっても過言ではないでしょう。

 一国支配の帝国の登場や能力があまりにベタ過ぎて、読者が見向きもしませんでした。
おとなしく最初は依頼をこなしながらサルベージをこなし、仲間を増やし、
その中で敵と戦いながら自分の運命を知る…という展開の方が安定していたでしょう。
せっかくのサルベージという設定が台無しでした。

 3話目で打ち切りの運命がはっきりした漫画も非常に珍しかったです。
この作者は前号で打ち切られたアカボシの作者と同じく、2回連続コケているので、
次がラストチャンスになると思いますが、原作者とタッグでやるのも一つの手でしょう。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年11月09日

2009・週刊少年ジャンプNo.49


週刊少年ジャンプ・作品評価
アカボシ
作品名:AKABOSHI-異聞水滸伝-(アカボシ)

シナリオ:8
デザイン:2
構成力:3
世界観:7

※シナリオとデザイン、構成力と世界観は一対。
合計で必ず10になります。
※数値が高い方が優れているというわけではなく、
特色が強いということです。


 今号でアカボシが終了しましたので、評価しておきます。

 読切なく連載にいたった、珍しいパターン。
第二回金未来杯受賞でありながら、前作は打ち切りとなってしまったので、
この作品で名誉挽回といきたかったところですが、またも打ち切りとなってしまいました。

 世界観は異聞水滸伝ということで、中華がベースとなっていますが、
その中で超人たちが特殊な能力で、派手に暴れまくっていました。
キャラも多く、派手でにぎやかなイメージが非常に強かった作品でした。

 構成も綿密に練られていた感はありましたが、キャラの豊富さに重点を置き、
それありきで無理やり展開を考えていた節もあるので、強引な場面も多々ありました。
都合よく味方が現れたり、飛ばされた先にラスボスがたまたまいたりと、何でもアリです。

 バトル漫画として、アクションシーンもキャラも上手に描けていましたが、
ジャンプのその他のバトル漫画よりも突出することはできませんでした。
中華な特色が、あまりジャンプ読者に受け入れられない土壌もあったかもしれません。

 主人公チームとは別なところで、様々なキャラが登場しており、
それらのキャラが、主人公たちとどういった関わり方をするのか、
ワクワクするストーリー展開になりつつあっただけに、途中で終わり残念でした。

 バトル、キャラ豊富、能力、ジャンプではこの3つを意識した漫画が非常に多いですが、
読者から支持を得られやすい反面、その他の漫画との競争率も激しくなり、
その中で差別化を図るのは至難のわざと言えるでしょう。

 あえてその土俵で勝負するのか、または未開拓のジャンルを切り開くのか、
判断は非常に難しいと思いますが、少なくてもこの作者の判断は間違いでした。
おそらくこの作者にとって次がラストチャンスでしょうから、ここは焦らず、
綿密に作戦を練って、力作を世に出してほしいところです。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年11月04日

2009・週刊少年ジャンプNo.48

 第5回金未来杯(ゴールドフューチャーカップ)の結果が発表された。
俺様の結果は大きくはずれ、最下位予想していたのが受賞しやがった。(笑)
これで俺様の通算予想は、3勝2敗となったわけだな。

 第5回金未来杯予想

 まず、これまで続いていた4回連続トップバッターが受賞という法則が崩れた。
バクマンの影響で、皆がトップに投票するのを避けたという兆候もあるかもしれないが、
一番の原因は過去4回と比べて全体のレベルが低い&どんぐりの背比べだった点だろう。

 でもまさか、中二設定が一番強いメタリカメタルカが受賞するとは思わなかった。
これが受賞することは100%ないと断言していたのに、受賞しているからうぜぇ。
どっかの小バエが、俺様の記事に必死にコメントしようとして弾かれていて笑えたが、
どうせこの件で、『外れた、ざまぁみろ』とか書くつもりだったんだろうな。

 死ね。

 俺的には何も悔しくなくて、公式順位予想ではメタリカメタルカを3位と予想していたしな。
ある程度は予見していたわけだが、あくまで俺様が出す順位は俺様の中での順位。
貴様らに揶揄される筋合いもないし高尚な俺様の価値観に貴様らがついて来れないだけ。

 死ね。

 まあ今回の金未来杯は、ちょっと例年と様相が違っていて、
直前に似たような読切企画があって、優秀な作品がそっちに流れていた。
上記リンクの記事でも書いているが、ねこわっぱ!がこっちにエントリーしていれば、
ぶっちぎりで受賞していたことは確かだろう。

 そして50号からは、読切から異例の早さで、そのねこわっぱ!の連載が開始。
俺様の予想になんら陰りも、大きな見誤りもない。
鬼の首を取れなくて残念だったな、小バエども。

 死ね。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年10月30日

2009・週刊少年ジャンプNo.47

 ジャンプが熱心に、FFXV(ファイナルファンタジーサーティーン)の宣伝してるわ。
ジャンプは古くから鳥山との関係で、エニックスとは蜜月関係でったが、
エニックス吸収後のスクウェア・エニックスとも、仲良くせざるをえない事情もある。

 それにしてもこのゲーム、1ミリも遊んでみたいとは思わないな。
ジャンプでの宣伝の仕方も悪いのかもしれないが、ビジュアル重視で、
キャラだ召喚中だの見てくればかり先出しで公開して、まるで映画の宣伝みたいだ。

 ゲームはゲーム性が一番重要。
銀魂の作者も作中で主張していたが、FFでやっていることは映画でもやれるわけで、
無理やりゲーム要素を付け足して、ストレスの溜まる画像読み込みにイライラしながら、
ゲームはやるようなものではない。

 どうせFFXVも、召喚状呼び出しとかで、平気で5分くらい消費しそうだが、
最近のガキは、これがゲームなんだと勘違いして、逆にDSやWiiのゲームを見て、
ビジュアルがしょぼいからやる気しない、とか思っている時点で、ある意味気の毒だな。
本当のゲームというものを知らないで、かわいそうに。

 で、俺みたいな古参のFF経験者を取り込むためか、DSで、
FF外伝とかしょっぱいのを発売しているが、今更やる気もしないし、
そもそもDSの方が正統路線で、今のPSで出している方が外伝のようなものだろ?
古参FFファンを7で裏切っておいて、どの面下げて外伝なんて販売してんだと言いたい。

 この会社アホだから、その内ドラクエも路線変更しないか非常に心配。
ちょっとその傾向が9でも現れたが、ゲームでも漫画でも、
一度路線をはずすと、ファンは敏感に反応して戻ってこなくなるから、
作り手も、それを覚悟してやるならやれと言いたい。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年10月25日

2009・週刊少年ジャンプNo.46

 P442を見て、一瞬何のことかさっぱりだったが、漫画の扉絵らしきものがある。
タイトルは『抱きしムェタイ!』という、センセーショナルなタイトルで、
怪しげなマッチョな男が3カット描かれている。

 最近よく見る、漫画を使った広告の類かと思ったが、商品名らしきものはどこにもない。
ユニクロのCMみたいに、要点をあえて伝えない類の広告かとも思ったが、
隣のじゃん魂Gのページを見て、ようやく何のことか分かった。

 読者から漫画のネタを集い、それをアメリカザリガニという、
今にも消えそうな三流芸人が漫画にするというコーナーが始まったらしい。
で、そのアメリカザリガニの片割れが描く絵が、下手な漫画家より遥かにうまかったりする。
画風は違うが、中川翔子に匹敵するうまさだな。

 それにしても、読者が考えた『抱きしムェタイ!』のネーミングセンスは秀逸だな。
この怪しいネーミングと、扉絵のホモっぽいムエタイ男が見事にマッチし、
非常に続きが読みたくなる扉絵に仕上がっている。

 少なくても、バクマンでガモウが考えているしょうもない漫画ネタより興味がある。
やはりアイデアはプロだろうと素人だろうと、センスが如実に出る才能だから、
こういうところで、はっきりと天才と凡才の差が出てしまうな。

 ムエタイ漫画といえば、伝説の『キックボクサーマモル』を思い出してしまう。
当時小学生だったが、この漫画に出てくるチャランボ(膝蹴り)がめちゃくちゃ流行った。
当時を懐かしみながら、『抱きしムェタイ!』の行く末を楽しみにすることにしよう。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年10月17日

2009・週刊少年ジャンプNo.45

 10月はリボーン月間だとさ。(主人公がマフィア10代目だからという苦しい理由)
またしょうもない企画で10月を無駄に使って、編集部も危機感ないんじゃない?
リボーンのファンより、ファンじゃない奴の方が圧倒的に多いのに、随分お気楽だな。

 主な企画の内容は、『今号より、4号連続カラー扉&4号連続丸秘スクープ有』だと。
これから4週間が非常に苦痛だな。
4号連続カラー扉って…、無駄なインクが消費されていくわけだな。

 空前のキャンペーンを開始、とか謳っているから何をするのかと思ったら、
ものすごいぼったくり商法でびっくりした。
ここまであからさまな、キャンペーンという名のインチキ商法も珍しい。

 サイン色紙がもらえるキャンペーンなのだが、その応募条件として、
ゲームやコミックス、会員制サイト等で応募件やキーワードをゲットしなくてはならない。
しかも、3個集めてこなくては応募できないという、とてつもない高いハードル。

 消費者の方が金を吸われるキャンペーンっていうのは聞いたことないな。
普通は企業側が負担し、消費者サービスをする事をキャンペーンというと思うのだが…。
単なるクロスメディア戦略で、それに釣られる信者がいかにいるかの販売促進会だろ?

 まあ、釣られる信者も数多くいるんだろうな。
カモはガキではなく、そこそこ金を持っている大学生、社会人の信者どもだな。
まあ、せいぜい消費に貢献して、不況脱出に大いに貢献してくれ、信者の諸君。
一番おいしいのは編集部だろうけど。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年10月04日

2009・週刊少年ジャンプNo.44

 あぁー、やっとこのジャンプの評価記事、最新号に追いついた。
まあ最新号といっても、明日になればまた新しいのが発売されるが、
一時は7冊遅れで評価していたけど、ようやく追いついた。

 まあ俺様の記事は、基本的に速報であったり、早さを売りにしていないし、
やはり客観的に分析するには、それなりの時間が必要だから、
発売から数日経ってから評価するのが基本的なスタンスだ。

 中二がよくジャンプの感想をブログに書いているが、『僕の好きな漫画』みたいに、
しょうもない主観を織り交ぜた感想をこれ見よがしに披露しているが、
ああいう価値のない、しょっぱい『感想』を書くつもりは毛頭ない。

 やっぱ、読んですぐ記事にすると、どうしてもその時の勢いだったり、
主観が混ざってしまうから、落ち着いてから冷静に分析し記事にするのがベストだ。
間を置くという工程は非常に重要。

 それと、これはいつだか書いたが、俺様は少なくても全ての漫画を2回以上読んでいる。
1回読んだだけでは気付かない、細かい作者の技法や伏線があったり、
冷静に、以前の流れを思い出しながら読むと、また違った気づきがあるからだ。

 こうして、じっくり分析してから自分の言葉に落として記事にしているが、
何も知らんバカが時々、『早く記事を書いてください』とか『5週遅れですけど?』とか、
しょうもない催促をしてくるが、文句あるなら読むなと言いたい。
まあ無理もないか、俺様の記事はそこらのザコじゃ真似できない特別なものだからな。

 そんなわけで、ジャンプの記事が出来上がるまでに、色々と工程がある。
理想は、発売の週末までには公開できることだが、なかなか難しい。
俺様みたいなVIPは、社会人として多忙な日々を送っているからな。

 貴様ら暇人も、毎週待ちわびて大変だろうけど、
おとなしく、その辺の中二ジャンプ感想ブログでも読んで、
俺様との質の違いを改めて感じ、俺様の偉大さに酔いしれろ。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ

2009年09月30日

2009・週刊少年ジャンプNo.43

 トリコで食材&動物を読者から募集している。
こういった読者からネタを集める手法は、トリコが初ではなく、
古くはキン肉マンで、超人募集をしていた頃までさかのぼる。

 まあ、読者との交流だとか、『君の考えたアイデアがジャンプに載るぞ!』
なんて言えば聞こえはいいが、単に作者がネタを考えるのが面倒で、
読者に考えさせれば楽だ!という、作者の一方的な都合で始まるのが大半だ。

 当然、物語の中枢を担う部分に読者のネタが採用されることはない。
どうでもいい部分に1コマ2コマ載るのが大半だが、中には準脇役で採用されることもある。
当然採用されたところで、読者にマネーが振り込まれることもない。
著作権も作者に譲渡されるし、基本的に作者側が不利になることはない。

 ま、何も知らないガキどもが、楽しんでせっせと投稿する分には構わないが、
その応募ハガキを見ていると、図々しいというか、身の程をわきまえていない奴が多い。

 トリコの場合だと、食材や動物に捕獲レベルという指標が付くのが大半だが、
読者ハガキみていると、恐れ多くも捕獲レベル40だとか、
アホみたいな高い設定をねじ込んでくるバカがいる。

 作中では捕獲レベル30でも、かなりレベルの高い部類なのに、
なに、『僕の考えた食材&動物はそれよりも強いです』的な感じで、
上位進出に並々ならぬ野望を抱いているんだと、小一時間ほど説教したくなる。

 もう少し控えろ、ザコどもが。

今週のピックアップを読む
posted by 俺 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。